今週のにじ組&4月誕生会(年長)

園内では、いろいろな遊びが繰り広げられています。戸外遊びではなく、室内遊びも広がりが見られます。

童具(積み木)遊びは、ほし組の保育室でダイナミックに迷路やメリーゴーランドを作り…たくさん使っても片付けが大分早くなりました。

先日は、にじ組の保育室に積み木を運び込み、クラスみんなで積み木遊びを楽しみました。

友達と話し合いながら作る楽しさも感じている子ども達です。

 

そして、『かずの木』これも童具の一つ。数の概念を遊びを通して学んでいく積み木です。

以前研修で職員が作った作品を、写真で飾っていると…その写真を見ながら、『こうかな…』『こっちじゃない?』と話し合い、考えながら時間をかけて製作する姿がありました。ケーキに、お神輿、車など…大作にもチャレンジ!かずの木の魅力にはまりつつ子ども達です。

今週は、4月生まれの誕生会もありました。

前回のブログでもお伝えした通り、誕生児と一緒に話し合いを持ちました。今回の舞台は「錦坤館前」の予定でしたが、当日は風が強かったため再度話し合い、実際の場所に行き、確認をしながら「なたおれの木周辺」に決定。飾りつけもみんなで行い、準備完了!誕生児はお気に入りの洋服で登園し、特別な一日をスタートしました。

今回の保護者インタビューは「初めて抱っこした時の気持ちは…」でした。「髪の毛が多いな~と思ったよ!」「フワフワしてる」「嬉しかった」とお父さんお母さんの気持ちを聞いて、照れつつも嬉しそうにする姿がありました。

年に一度の特別な日だからこそ、参加する人みんなが幸せな時間になればいいな…という気持ちで、計画しました。すると、園庭で遊んでいた他の学年の友達や先生たちも足を止めて、一緒にお祝いをしてくれました。たくさんの友達が見守っている中での誕生会となり、温かい気持ちになりました。

そして、『泥団子作り』も盛り上がりました。子ども達は、今までの経験をもとにどこの泥が良くて、どこに白粉(サラサラな砂)があるのかよく知っています。それを丁寧に教え、一緒に楽しむ中で、追及できている姿だということが感じられました。

参加してくださったご家族の皆様、ありがとうございました。

5月はどんな誕生会になるのか、また楽しみです。

文責:田中