ぱんだ組の様子

最近、こども園の様々な場所でごっこ遊びを楽しんでいる子ども達をよく見かけます。

お母さん役やお父さん役を決め、ご飯を作ったり『今からお仕事行ってくるね』と一緒に出掛けたりと役になりきって遊ぶ子ども達の言葉のやりとりを聞いていると、私達までほっこりさせられています。

 

さて、先週もみんなで園内探検へ出掛けました。散歩をしながらさくらんぼを見つけたりのはら園のせせらぎや坂道、エビやメダカがいる池等を見たりしながら歩き、『見てみて』と目で見たものを友達や保育者に教える様子も見られました。

 

 

また、園内には畑もあります。季節の野菜を育てながら”食”への興味・関心を引き出し、実った新鮮な野菜を収穫し、自分達で作って食べることも遊びの経験として積極的に取り組んでいます。

先日、子ども達と話をしている中で”クッキングをしてみたい!”という声もあがり、スナップえんどうを収穫して茹でて食べました。給食室へ使うものを取りに行く時も『行きたい‼』と猛アピール。気がつくと‥ほとんどの子ども達が『いってきます』と給食室へ材料を取りに行っていました。その後、スナップえんどうを1つずつ食べ、まだ食べたかったな♬と嬉しそうな子ども達。

今後も給食の時間をはじめ、子ども達にとって食事の時間を毎日の楽しみな時間の一つとなれるといいなと思っています。

 

 

4月は、園で過ごす中でそれぞれの子ども達にとって『楽しい』『またしてみたいな』と思ったり感じたりする気持ちをリズム・戸外遊び・絵本・ふれあい遊び等の遊びを通して引き出し、子ども達がどんなことに興味を持っているのかなと一緒に様々なことを体験しながら過ごしてきました。

これからも子ども達一人ひとりとスキンシップをとり、安心して園生活を送ることができるよう、気持ちに寄り添いながら過ごしていきたいと思います。  文責:幸泉