雨の日は☔️〜うさぎ組

雨が続き、室内での遊びが多くなってきました。いつもは園庭でのびのび遊ぶ子ども達も室内で思い思いの遊びを楽しんでいます⭐️

室内で遊ぶとなれば、おもちゃたち!
ブロックにおままごと、お人形にミニカー、ビーズ、それに絵本!
たくさんおもちゃもありますが、子ども達はままごとにビーズをご飯に見立てて遊んだり、お人形でお母さんになりきったりして、見立て遊びを楽しんでいます。保育教諭にも『はい、どうぞ😄』とお皿いっぱいのご馳走が運ばれてきて、お腹いっぱいになる毎日です😄 きっと保護者の方のご家庭での様子を再現しているのだな〜と子供達の観察眼に感心してみているところです。たまの晴れ間には、園庭に出て、水泥遊びもしています。また、室内では前回もご紹介しましたが、おりがみ・粘土・新聞紙など、指先を使って触覚という五感を育てる活動をメインに活動しています。今日はビーズに紐通しをするなど指先を使いながら集中して過ごしていました。

それでも身体を動かしたくなる子ども達。教室やテラスを走るのは『転ぶからバツ〜』と教えてくれたので、「じゃぁどうしたものか…」と考えた私たち。「そういえば踊ったことまだないなぁ…」「みんな踊ってみる?」…反応のない子ども達でしたが、CD をかけてみると、ノリノリで踊る踊る🕺💃(笑) 「こんなにリズム感あるんだ〜‼️」とこれまた子ども達の潜在能力に驚いた私たちでした😊

今、少しずつ色んなアプローチをしながら子ども達の様子を見ています。指遊びを通して数を数えて数字を覚えたり、歌を一緒に歌って季節の歌を覚えたり、季節の花を鑑賞して花の名前を覚えたり、たくさん吸収しています。まずはたくさん色んな経験をして、遊びや学びにつなげていきたいと考えています。保護者の皆様も、子ども達の新たな発見をしたらぜひ、教えてくださいね❤️

まだまだ雨が続きますが、今の時期ならではの遊びを取り入れていきたいと思います⭐️                                                                                          文責:桑元