命を守る

”リズム室で活動中に、こどもたちが何人か寄ってきて口々に言いました。「先生、A君が寝てて起きないよ」。A君はあなたの呼びかけに応答しません。明らかにいつもと様子が違います。もう一人の担任はトイレに行っていて部屋にはあなた一人。さて、こんな時どうする!?”

 

という想定で「救急救命」の研修を行いました。講師は錦ヶ丘保育園の看護師2名。大木は、災害派遣医療チームD-MATに所属していた経歴の持ち主です。6月に保育園で同様の研修を行い、こども園でも3回に分けてバス運転手・非常勤教諭・事務員含めすべての職員がこの講座を受けます。なぜか?お子様の命を守ることが常勤・パートに関係なくこども園の職員の使命だからです。

 

第一発見者、記録係、心肺蘇生を始める人、AEDを持ち出し使う人、担当を分けて実際に各所へ連絡する練習までを行いました。発見から救急隊到着まで約10分の時間の長いこと・・・。どんな時も冷静なチームワークが肝になると学びました。事前研修としてアスカモデルについても学びました。研修を通じて見えてきた課題もいくつもあります。あってはならないことではありますが、不測の事態に備えて備えすぎることはありません。2回目・3回目も気を引き締めて研修に臨みます。

 

年度当初の説明会でもご紹介した、セーフキッズジャパンのこちらのページ  によくある幼児の事故がまとめられています。園でもこちらの例を参考に安全対策を考えております。ぜひご覧ください。

 

(堂園春)