自分を支えてくれるもの(年中)

修了式を終え、4月から年長組になる子ども達。

3月に入り、年長児の卒園式練習の様子を見たり、年長の部屋で過ごしたりする中で、「お兄さんお姉さんになるんだ」という気持ちが、表情から伺えました。

 

この一年、子ども達と過ごした日々は、私にとってもかけがえない時間でした。話し方や振る舞い方が少しずつ成長し、私も子ども達との向き合い方に悩んだ一年でしたが、その向き合う時間の中で子ども達一人ひとりの伸ばしてあげたい長所を見つけることができました。

この先、子ども達が生きていく中で、自尊心や、自己肯定感はとても大事になっていくのではないかなと思います。もし、何かに失敗して落ち込むことがあった時、もし誰かに否定的なことを言われてしまった時、悲しくてどうしようもない時に自分の好きなところを自分で知っていたら、「私には素敵な一面もあるんだから、大丈夫」と、自分を奮い立たせてくれたり、落ち着かせたり出来ると思います。

ぜひご家族で、【素敵なところ探し】をして、お互いに伝え合ってくださいね。

 

 

みんなはどんな年長組さんになるのかな?何色のランドセルを背負うのかな?どの教科を好きになるんだろう?部活動はするのかな?どんな大人になるんだろう?

子ども達を思うと、何十年先の未来まで想像してしまいます。子ども達が子ども達らしく過ごすことができるように願っています。1年間ありがとうございました。

 

 

文責:中村