初めまして!(0歳児れんげ組)

㊗️ご入園おめでとうございます

 

今年度、0歳児れんげ組の保育のテーマを【愛情豊かな心と心のキャッチボール】としました。

ご家庭で愛情をたくさん注がれてきたお子様をお預かりするにあたり、こども園も家庭のような安心できる場所、そして大人達でありたいと思います。

子ども達は、泣いたり、笑ったり、喃語を話したりと、様々な方法で自分の気持ちを教えてくれます。

私達保育者は、一人ひとりの欲求を丁寧に受け止め応答的に関わりながら、子ども達と心と心のキャッチボールをして、愛着関係を築いていきたいと思います。

 

 

 

初めての場所・初めての集団生活


初めは「ここはどこ?」と思っていた子ども達も、毎日保育者と一緒に過ごすうちに『安心していい場所だ、安心していい大人だ』と情緒も安定し始めている様子が見られます。

自分から抱っこを求める手を伸ばしてきたり、保育室の中を思い思いに動き回ったり、おもちゃを発見したり、保育者のもとへ移動したりと、それぞれのお気に入りの場所を見つけているようです。

 

 

今年度、れんげ組は4人の子ども達でスタートしました。

今月1歳の誕生日を迎える二人の友達、そして8ヶ月、5ヶ月と月齢も発達段階も様々です。お互いの様子が気になりじっと見つめたり、手を伸ばして触ろうとしたり、近くに行こうとしたりする姿も見られます。

 

また、一緒にいる時に一人が泣くと、つられてみんなが泣いてしまうこともあります。

子ども達同士、お互いに刺激を受けながら過ごせることも、集団生活の良さです。

 

 

 

ケルンボール


今、れんげ組のみんなが夢中になっているケルンボールという木のおもちゃがあります。

泣いていた子どもにそれを見せながらわらべうたを歌ってみると、いつのまにか泣き止んでじーっと見ていました。

すると、それを周りで見ていた子ども達も寄って来て、くるくる回るカラフルな球に興味を示し摑まえようとする姿があり、手で触ると球と球が触れ合って木の優しい音がすることに気付くと、長い時間触って楽しんでいました。

 

また、このケルンボールを一つ一つばらしてベッドにも取り付けてみました。

すると、仰向けに寝転んでいる時に手や足を使ってボールに触れている子ども、床でケルンボールを追いかけてずり這いをする子どもなど、それぞれの発達に合った遊び方をする姿を見ることができました。

 

れんげ組では、今後も一人ひとりの子どもの発達段階を見極めながら環境を整え、保育を行なっていきます。

保護者の方ともたくさんお話をさせていただきながら、お子様の成長を一緒に喜び合える一年にしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。

 

文責:福元