ようこそ!錦ヶ丘へ ~令和3年度入園式~

4月3日(土)、令和3年度の入園式が行われました。お忙しい中、ご参加頂いた保護者の皆様、ありがとうございました。

今回は、各クラス・学年毎に保育室での実施となりましたが、それぞれの部屋でじっくり・ゆったりと新入園児・保護者の皆様をお迎えし、職員も皆さらに来週からの保育が楽しみになりました。

これからの園生活、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

なぜ各クラス・学年で?


最近再び増えてきている、コロナウイルスの感染者。まだまだwithコロナの世の中は続きます。

今年度の新入園児は33人。保護者の皆様を含めて総勢100人前後が同じ部屋に会するリスクの高さがありました。

何よりも、お子様の入園をご家族とともにじっくりとお祝いするため、参加人数の制限を設けないようにしたい!と考え、各クラスや学年での実施となりました。

事前に、理事長・園長の挨拶は動画配信を行い、当日はクラスや学年での入園式となりました。

リズム室で大人数で集まるような盛大さはあまりなかったかもしれません。ですが、担任や学年の職員、新しく同じクラスになった友達や保護者同士で、皆で顔を合わせながら話ができたことで、和やかな雰囲気で関係づくりのスタートが切れたのではないかなと思います。

 

 

 

これからはじまる園生活!


7日からいよいよ全員が揃っての令和3年度の保育が始まります。

ドキドキ、わくわく、不安、期待…色々な感情でいっぱいの子ども達と保護者の皆様なのではないでしょうか。

私たち職員も、「どんなことをして遊ぼうかな?」「みんなは何が好きなんだろう?」「どんな顔をして来てくれるかな?」と、色々なことを考えながら準備を進めています。

既に登園が始まっている子ども達は、のはら園の桜の花びらを集めたり、メダカを探したり、玉ねぎを収穫してんぷらをつくったり…錦ヶ丘の環境を存分に感じながら、活動しています。

 

こども園って楽しい!遊ぶって楽しい!知ることって楽しい!もっとやってみたい、もっと知りたい!という気持ちが持てるよう、職員皆で子ども達と一緒に日々の保育を大切にしていきたいと思います。

ご不明な点がありましたら、いつでも職員にお声掛けください。

これからの園生活、どうぞよろしくお願いいたします!!

 

 

文責:迫田