わらべ歌とともに6月(くるみ組2歳児)

こども園錦ヶ丘の遊びの三本柱は「わらべ歌」「リズム」「童具」です。

そのひとつ「わらべ歌」はくるみ組で毎日歌っていて、子ども達が大好きな遊びです。

連絡帳のやり取りの中で「家でわらべ歌を振り付きで歌ってくれます。一緒に歌えたらいいのですが、なんて言っているのか歌詞がわからなくて…。」とありました。

そこで今回は、クラスでよく歌っているわらべ歌をご紹介します。ご家庭でのスキンシップのきっかけになればいいなと思います。

 

【あめだ あめだ あめがふる】

 

 

あめだ あめだ あめがふる あめだ あめだ あめがふる

ゲロゲロ ゲロゲロ ゲロゲロ (口を鳴らす)

(繰り返し)

 

 

【でんでんむし】

 

でんでんむしでむし でなかまぶちわろ

 

 

【ぽっつん ぽつぽつ あめがふる】

 

 

ぽっつん ぽつぽつ あめがふる ぽっつん ぽつぽつ あめがふる

ざーっと あめがふる ざーっと あめがふる

 

 

 

わらべ歌のメロディはドレミファソラの5音で成り立ち、子どもにとって無理なく自然に歌うことができます。

また、昔から子ども達に受け継がれてきた遊びであり、長い時代を経て人から人へと伝えられてきたもので、そこには人間として生きるための大切なメッセージが込められているそうです。意味は分からなくても、子ども達はわらべ歌のリズムや雰囲気、また言葉の響きや面白さを感じて楽しんでいます。

 

今後もご紹介していきますので、ぜひ親子で一緒にお楽しみください。

 

 

文責:西浦