ぱんだ組の様子(年少)

クッキング

先週、畑で育てていた新玉ねぎを収穫し、子ども達から『食べたいね!』という声があがり、クッキングをしました。まずは、3グループに分かれて新玉ねぎの皮を剥きました。根や葉がついたままの新玉ねぎを普段はなかなか見ることができないため、とても興味をもって取り組んでいました。その後、1人ずつ包丁で切る体験もしました。初めて包丁を使う子どももおり、『もう一回やりたいな♬』という声もたくさんの子ども達から聞かれました。

 

切った新玉ねぎをボールに入れ、給食室で玉ねぎの天ぷらにしてもらいました。自分達で作った天ぷらを『美味しいね☆』と味わいながら嬉しそうに食べ、おかわりをしている子ども達もいました。

 

外遊び

たけのこを見つけ、『どうやったらとれるかな…』と考えてスコップを持ってきました。遊びを通して自分の気持ちを伝え、自分の思いが友達に受け入れてもらえると大きな自信、信頼関係に繋がるように感じます。遊びの中で多くのことを学び、生きる力の基礎を培っている子ども達。今後も子ども達が安心して自分らしくいられるような環境を作っていきたいと思います。