運動会ごっこ(うさぎ組の子どもたち)

 

お忙しい中、運動会へのご参加ありがとうございました。

運動会当日は、いつもと違いたくさんの人がいる、環境の中で「ドキドキする」と教えてくれる子どももいました。

子どもたちが自分たちで選んだ曲で、楽しみながら取り組んできた踊りを踊ったり、かけっこで頑張って走っている姿がありました。

 

火曜日に登園してきた子どもたちは、外遊びグループと運動会ごっこをするグループに分かれて遊びました。

自分たちでやりたいほうを選んだのですが、運動会ごっこをやりたい!と選んできた子どもたちは、年少の遊戯だけでなく年長、年中の遊戯を覚えていて、曲に合わせて踊ることを楽しんでいました。

ほかの学年の子どもたちの様子を見ながら、覚えていたのだと驚きました!また、運動会も楽しんで参加できていたのだと嬉しく思いました。

 

自分で歩いていき楽しいと思う経験をしてほしいという狙いから、少人数での散歩を行いました。

子ども10人ずつで5グループに分けて近くの公園に行くことを計画しています。

今日初めてのグループで散歩に行ったのですが、並んで歩くことは少し難しい様子でした。少しづつ歩く経験を積み、長い距離も歩けるようになったら、子どもたちが何か興味をもって調べたいことややりたいことが出てきたときに、自信をもって取り組めるかなぁと思います。

信号の見方、歩道の歩き方を少人数でしっかりと伝えていきたいと思います。

水遊びから、どろんこ遊びに発展、はじめは服に泥がつくのを嫌がっていた子どもも、クラスの友達が楽しそうに遊んでいる様子を見て一緒にどろんこ遊びをしていました!