稲植え(年長組)

今日は、年長組で稲植えをしました。昨日、稲植えのお話を聞いたことを覚えていた子ども達は、朝から「今日は稲植えをする日だね!」と友達や先生と話をしていました。

昨日、「稲を植える砂は、園庭にある白い砂でもいいんですか?」という質問が子ども達からでてきました。聞いてみると、稲を植える土は、水を含みやすい土でないといけないことが分かりました。早速、土を触ってみると、、、「ざらざらしてる!」「赤っぽい色だね!」と手で触れてみたり目で見てみたりしました。

さらに水を含みやすい土にするために、みんなで協力して混ぜてザラザラの土からサラサラの土になるように混ぜました。

サラサラの砂にした後は、水を入れて混ぜました。みんな、美味しいお米ができるように一生懸命混ぜていました。泥だらけになりながら混ぜている子ども達もいました😊

土と水がしっかり混ざらないと上手く植えることができないこともわかりました。

美味しいお米ができるようにするには、水をたくさんあげると良いということも分かったので、子ども達と一緒に育てていきたいと思います!!