給食紹介*ベビーコーン皮むき*サンドウィッチ作り

『しろくまちゃんのホットケーキ』を読んだたんぽぽ組が、ホットケーキが作りたい!とのことで、ホットケーキ作りが始まりました。バターのいい香りがリズム室中に広がり、嬉しそうに食べていましたよ。

無農薬栽培のにこにこ畑で、ベビーコーンが獲れたということで、少量でしたが、せっかくの旬の味を楽しんでもらおうと、今回は皮むきを年中組にお手伝いしてもらい給食で使いました。思ったより小さいトウモロコシだったようで驚いていました。

別の日に、ぱんだ組では念願のサンドウィッチ作りが。キュウリを収穫するたびにサンドウィッチが作りたいと言っていたぱんだ組さん。買い物も自分たちで行き、準備はばっちり。「梅干しを入れたい!」と言う意見が出て、栄養士は1回スルーしたのですが、どうしても入れたい!とのことで、渋々あげることに。しかし!この梅干し入りがなかなか美味しい!子ども達の意見は突拍子がないように思っても、受け止めて聞き入れるべきだなぁと改めて感じました。勇気のある方、ぜひチャレンジを。(マヨ卵・薄焼き卵・きゅうり・チーズ・梅干し・でした。)

最近の給食です。

七夕は行事食としてよくそうめんが食べられていますが、そうめんを天の川に見立てて、という由来があります。また、もともとは索餅(さくべい)という小麦粉と餅粉で作ったものが食べられており、それがそうめんに変わっていった、という由来もあります。今回は、そうめん、索餅どちらも作ってみました!星型にんじんで少し七夕を感じられたかな?