こすもす組の子どもたち

いつも元気なこすもす組の子どもたちはいろいろな遊びに興味を持っています。

プラフォーミング遊び・トミカ・童具(積み木)・観劇会(劇団バク)・ざりがに釣り・折り紙などなど…

今までの経験を活かしながら、新たな発想で遊んでいます。

遊びの内容が発展すればするほど、私たち保育者に対する要求も多くなってきます。

『こんな材料が欲しい』『もっと机を出してください』『広い場所(リズム室)で遊びたい』『○○のことを調べたい』など。

私たちも子どもたちの様子を見ながら、環境を整えられるようにしています。

 

 

 

 

 

 

子どもたちは何日も同じ遊びに夢中になり様々なことに気づいていきます。

同じように遊んでいるようでも少しずつ変化が見られます。その変化を見逃さず、子どもたちの遊びが広がっていくようにしていきます。