給食紹介*カレーバイキング

先週、カレーバイキングを行いました。2学期になり、配膳を自分でするクラスも増え、だんだん自分が食べられる給食の量が分かってきたように感じます。この日は、大好きなカレーとフルーツポンチだったり、雰囲気が楽しくていつもよりたくさん食べた子もいたかもしれません。上の大きな釜の写真はこの日のカレールウです。バイキングで具がすべて別だったのでルウのみでこの量です!具入りのカレーの日は釜があふれるくらい作っても、まだ食べられるよ、と報告をうけることもしばしばです。バイキングの様子を写真でお伝えします。

給食を園庭で食べたり、さんまを炭火で焼いたり(12月に延期になりました)、お餅をついて食べたり。給食は子ども達のからだをつくるために栄養を摂るのはもちろんですが、食を楽しむことも大切だと考えています。バイキングの日は、朝から給食室を訪れる子も多く「今日バイキングでしょ!もうできてる?」「カレーのにおいしてきた~」と様子を確認していました。担任の先生からも「今日はなんだか、カレーカレーって、朝からそわそわワクワクしている」と聞き、子ども達の期待を感じながらスタッフも一生懸命準備しました。

自分から野菜を取る子が思った以上に多かったです。カレールウは甘口ですが、ガラムマサラを入れたり少しスパイシーな仕上がりに。具と食べるとちょうどいいよ!と気づいた年長さんもいました。

最近の給食から、れんこんサラダをご紹介します。この時期のれんこんは生が断然おいしいです!給食では野菜はすべて茹でずに蒸しているのですが、蒸しすぎずシャキシャキ感を残すのがポイント。ブロッコリーも、やわらかくしすぎず歯ごたえが残るくらいがおいしいです。この日は無添加ハムと、無添加のお花型マカロニと一緒に。手作りのマヨネーズもだいぶ調理に慣れてきました。(豆乳・米油・福山黒酢・きび糖・塩・洋風だし)毎回、ミキサーで混ぜながら様子を見つつ米油や酢の量を調整しています。家庭量で、これだ!という分量にたどり着いたときは、ブログやクックパッドで紹介しますね。