ぱんだ組(年少)

寒いが続いていますが、毎日ぱんだ組の子ども達は元気いっぱいです。毎朝、元気の良い挨拶で子ども達も保育者も笑顔になれているように感じます♪
先月、年長さんが開いていたお店屋さん。「買いに来てね★」と声を掛けてもらい、買い物を楽しんでいた子ども達。”やってみたい””私達(僕達)にもできるかもね”という気持ちが芽生えた子ども達は早速、「アイスクリーム屋さんをしようよ!」と張りきってお店の看板や飾り・品物作りに取り組んでいます。

開店の準備も進み、少しずつ開店できる日が近づいているようにも感じます。今後の様子も含めて次週お伝えします。

3学期に入ってから異年齢の関わりが少しずつ見られるようになってきました。お店ごっこや預かり保育、昼食時間等些細なきっかけから色々な友だちや保育者との関わりが深まってきていることを嬉しく思います。名前で呼び合ったり時には優しい言葉を掛けたりと遊びの中で”人との関わり”を少しずつ学んでいってほしいと思います。ぱんだ組としてクラスの友だちと一緒に過ごすことができるのも残り1ヶ月。今週も色んな友だちと楽しい時間を過ごしてほしいと思います。