給食紹介*給食室の調理器具たち!

「明日クッキングするから、ケチャップと、ジャムと・・・ボウルと、えーと、」

こすもす組の男の子が明日の準備物を伝えに来てくれました。メモをみながら一生懸命説明していました。

どんな料理ができるか楽しみです。

 

今日は年長組の誕生会で、「ケーキをつくるから、おろし金と泡だて器を貸してください」と女の子たち。なんでおろし金??と聞くと「石鹸をけずる」とのこと。砂のケーキにレモンせっけんのホイップを飾るんだそうです。おろし金ではうまくいかず、ピーラーで削って、ふわふわで美味しそうなレモンせっけんクリームが出来ていました!

 

さて今週は、給食室の調理器具をご紹介します。

大量調理に欠かせないのが、スチームコンベクションオーブン、通称「スチコン」。蒸す、焼く、煮る、炒める、なんでもできるスゴイ機械です。サラダや和え物の野菜は、茹でずにスチコンで蒸しています。シャキシャキ感や野菜の味がしっかり残ります。煮魚もスチコンで作ります。鍋で煮た方が味は短時間で染みるのですが、300切れ近く煮ると鍋だと崩れてしまうので、スチコンで煮て、煮汁にとろみをつけて餡を作りかけるなど工夫しています。

スチコンで唯一できないのが、揚げ物。(唐揚げやカツはできます)落とし揚げやかき揚げは鍋でコツコツと作っています。1回に20~30個揚げるので12回くらいでしょうか。これがなかなか大変な調理です。

ごはんを炊く釜は1つで6kg炊ける大きなもの。2つで12kg炊けます。ガス釜なので、火力が強く短時間で美味しく炊けます。

 

他にも、回転釜や食器洗浄機など大きな器具がたくさん。また今度ご紹介します。

先週土曜日は、ハンバーガーセット風のメニューでした。無添加のバンズに、ヤブサメファームの卵や県内産鶏肉の照り焼きを挟んで。ポテトは揚げずにパン粉やパセリをまぶしてオリーブオイルで焼きました。100%りんごジュースもついて子どもたち(職員も)大喜びの土曜日でした。