給食紹介*年長大根もち

先週の土曜日、肉じゃがに足そうと思い、朝から大根の収穫をお願いしました。

「どっちがだいこん?かぶと似ててよくわからないな〜」と言いながら、大根を探して抜いてくれました。まさに〝朝穫り野菜!〟新鮮大根がおいしい煮物になりました。自分で収穫した野菜はやっぱりよく食べます!

大根がまだ畑に残っていることに気づいた子どもたち。年長の女の子たちが3日ほど前から「明日大根もちを作りたいんだけど、最後のタレの作り方がレシピを見てもよくわからないから手伝ってほしい」とお願いに来ました。次の日「今日は買い物に行く時間がないから、やっぱり明日作るから、明日タレ作り教えてね」と再確認に。あとで聞いたのですが、この給食室とのやりとりは、担任に言われてきたのではなく自主的なものだったと聞いて驚きました。とても上手に状況説明や、して欲しいことを明確に伝えられるようになりました。小学校でも、分からないことを質問したり、自分の気持ちを伝えられるのではないかと思います。

年長組のリクエストメニュー続いています。唐揚げや車ふのカツ、ベーコンやトマトのスープ、パスタ、フルーツポンチなどなど。職員に圧倒的人気のじゃこトーストも。

ぱんだ組が夏に作ったピーマンクッキーをリピート⭐︎前回より手慣れた様子でした。給食室に借りたいものも、しっかり言えるようになりました。

私も味見。やっぱり美味しい…。今度の夏、3時のおやつに取り入れようかな、と思うほどでした。

火曜日は預かり保育の年長さんが、k先生とお別れ会を企画。以前から「おやつを少しだけ豪華にしてほしいな」と相談を受けていたので、プリンにフルーツを乗せてみました。大根もちを作りたいと言った女の子たちも、今週作らなきゃ卒園しちゃう、と分かって何度も給食室に来ていたようです。いよいよ、卒園が近づいてきたんだな、と実感する1週間でした。