給食紹介*ましゅまろ、グリンピース

1日から0、1歳児さんが登園しています。久々の離乳食作りに「食べてくれるといいな」とドキドキの給食室です。ご家庭と担任との連携を取りながら、家庭と変わらない温かい雰囲気で離乳食を提供できたらと考えています。

3歳未満児が使っているお皿はユニバーサルデザインのもので、返しがついていてスプーンですくいやすく、また底にゴムが付いているので滑りにくくなっています。れんげ組はそれでもたくさんこぼれますが、手づかみ食べも食へ意欲の表れ。食べ物のかたさ、口までの距離感、いろいろなことを学んでいる瞬間です。れんげ組は机全体を皿と捉え、床に落ちてしまうことも考慮して多めに離乳食を用意します。

新年長さんにグリンピースのさやむきのお手伝いをしてもらいました。先週の土曜日にソラマメをむいた子が「そらまめよりちっちゃいねぇ、皮もかたい」と気づいていました。「豆ごはんにしてください」とリクエストがあったのですがこの日はハヤシライスだったので…豆ごはんはまた、次の機会に。

4月の献立は、新しい環境にちょっぴり緊張している子ども達でも食べやすいようなメニューを心掛けました。家では野菜を食べない子も、園では食べるという話をよく聞きます。料理の仕方というより、友達が食べている姿に影響を受けるのだと思います。子ども達にとって、給食がほっと一息つける時間になりますように。