さつま揚げプロジェクト

先週の給食でさつま揚げが出た日のことでした。

にじ組での「さつま揚げおいしい!」の言葉から、担任が何気なく出した「さつま揚げは何でできているでしょうか?」というクイズに、ほとんどの子どもたちは、その名前の響きから「さつまいも!」と答えました。「正解は魚です!」と教えるも、魚の原形のないさつま揚げに、「ほんとに…?」「魚をどうやったらさつま揚げになるの?」といまいちピンと来てない様子の子ども達。せっかくなのでそこから少し深めてみました。教師「さつま揚げの作り方、誰なら知っているかな?」子どもたち「〇〇くん!(にじ組の生き物に詳しい男の子)」「僕知らないよ!」「作った人は知ってるかも」教師「じゃあ、このさつま揚げを作ったのは誰?」子どもたち「給食の先生!」「給食の先生に聞いてみる?」(思考力)(言葉による伝えあい)

ということで、栄養士の今屋先生のところに聞きに行ってみました。

我こそは、という子どもたちと一緒に今屋先生のところへ。子どもたちとの給食の時間のやり取りも伝えていたため、作り方や材料がイメージしやすいように動画を見ながら説明してくれました。事前ににじ組のみんなで話し合って決めた「何の魚を使うの?」「どうやって作るの?」という質問もきちんと聞くことができました。

保育室に戻り、子どもたちみんなで教えあいました。「魚はなんでもいいけど白身魚をよく使うんだって」「作り方は、魚を機械でつぶしてしょうゆやしょうがを入れて、ゴボウを入れてスプーンで丸めながら揚げてたよ」と、知ってきたことを言葉で伝えていました。(言葉による伝えあい)

 

その後、「白身魚って何の魚?」という話になりましたが、知っている子どもはいませんでした。答えを教えるのは簡単ですが、あえて「どうやったら白身魚について知ることができそう?」と問いかけたところ、

①さかなクンに聞く

②水族館のお姉さんに聞く

③漁師さんに聞く

④図鑑で調べる(文字への興味)

⑤魚屋さんに聞きに行く(社会生活とのかかわり)

⑥アイパッド(パソコン)で調べる(ITの活用)

という案が出ました。(思考力の芽生え)すべて子どもたちなりに疑問を解決する方法を一生懸命考えた調べる方法です。そこで、自分が調べたい方法ごとに分かれ、グループを作って協力し、それぞれ疑問を追求することになりました。(共同性)

後日、グループごとに質問や調べる内容をいくつか決めることができました。「お母さんが白身魚の種類でさつま揚げの味が変わるかもって言ってた」「ちりめんじゃこって白身魚?」とさらに興味や関心は広がっていました。

これから少しずつグループごとにそれぞれの方法でしらべていきたいと思います。小さなことにも興味をもち、それを追求したり考えたり試したりすることを楽しむ子どもたち。興味のあることへの話し合いや取り組みへの集中力、活動の活発さには本当に目を見張るものがあります。

「お父さんに聞いてみる!」「おじいちゃんなら知ってるかも!」とご家庭で話をしてきてくれた子どもたちもいました。ご家庭で子どもたちの話を受け止め、一緒に考えたり調べたりしてくださることで、子どもたちの興味や学び、好奇心がさらに刺激を受けて深まる様子が見られます。園での事を家庭で話して保護者の方と共有する、さらに家庭でのやり取りや調べたことを園で友達や先生に話す。そこにも、『言葉による伝えあい』が生まれています。

これから子どもたちの活動がどうなっていくのか、続きはまたお伝えいたしますね。今後の更新もお楽しみに!

分遣隊に歩いていこう!①(年中)

先日の予告なし避難訓練で、消防車を見学させていただいた際、消防車に興味津々で「これ何ですか?」等、積極的に質問する姿も見られた年中組の子ども達。そこで、学年を4つのグループに分け、15名前後で吉野分遣隊まで歩いて出掛けることにしました!!

今日はその1つ目のグループ。たんぽぽ組の14名が出掛けてきました。

 

年中組の子ども達が園の行事で幼稚園から歩いて出掛けたことがあるのは、御召覧公園が最遠。営農センターから芋の畑まで(片道500mほど)は歩きましたが、分遣隊までは片道1.3km!「遠いけれど、頑張って歩こう!」とみんなで気合を入れて、スタートしました(^O^)

行きは上り坂でしたが、バス停を見て「おおがたバス~にのってます~♪」と歌ったり、「ここ行ったことある!」と話をしたりと、テンポよく歩きました★

途中1回の休憩をはさんで、分遣隊に到着!「やっと着いた~!」と、ホッとした様子の子ども達♡

消防車(大・小)に乗せて頂いたり、「これは何に使うんですか?」と積極的に質問したりと、40分ほどの見学時間を存分に楽しみました。

少人数で出かけたからこそ、一人ひとりが満足いくまで見学ができた一時(*^_^*) これからもこのような機会を増やしていきたいと思いながら、子ども達の様子を見守ることでした。

 

 

 

あまりに興奮しすぎて、行き道とは違い、帰り道はとっても静か~な子ども達(笑)分遣隊を出発するときには「パワーはいま100だ!」と言っていたある男の子も、幼稚園近くの信号待ちでは「パワーはもう40しかない…」とポツリ( *´艸`) でも、できるだけ前を向いて、「前の人から離れてるよ!」の声には小走りで詰めてと、最後までしっかり歩いて幼稚園に帰ってきました。頑張った子ども達に拍手!!

 

残りの3グループは12月に出掛けます。また随時お伝えしていきますね★

 

お芋クッキング③(年中)

やく・あげる・焼き芋・芋天グループ  と、むす・ゆでる・スイートポテトグループ のクッキングが終わり、さあ、いよいよ最後のクッキング!

「やっと僕たちの番だ~!」と大喜びではりきって当日を迎えた、たくグループ★

 

 

事前に芋ご飯を作ることは決めていた子ども達。まず、「お米をどうするか」について考え始めました。「年長さんが植えたバケツのお米は?」「給食室の横にお米の機械がある!」と、2か所、園内でお米が手に入りそうな場所を考えだしました。

 

まずは、年長さんのお米を見に園庭へ。「お米のポケットの中にお米は入ってる?」「…お米入ってない…」「鳥が食べちゃったんじゃない!?」

実は、年長さんのお米、植えてからの成長過程はみんなで見守っていましたが、収穫するタイミングを待つうちに、一番おいしい時にほとんどをスズメ等の鳥に食べられてしまったのです(+_+)

 

「年長さんのお米は使えなさそう…、じゃあ給食室に行こう!」ということで、給食室で朝精米したばかりのお米をいただきました!

「お米は何で炊くの?」に対し、「ピッてやる機械」「炊飯器」と答える子ども達に「炊飯器は幼稚園にはないよ」と伝えると、「え~!」とビックリ。その後、インターネットで調べ、鍋でご飯を炊けることを知った子ども達!【鍋でのご飯の炊き方】と、【芋ご飯のレシピ】を調べ、必要なものを準備しました。

 

まずは、芋を切ります。次に、お米とぎ!くまの手で優しく…

 

その後、鍋に芋、お米、調味料を入れ、火を付けます。

 

 

実は園で使っている鍋、透明なので、どのように食材が変化していくのか、はっきり見る事ができるのです!!

火が通って水が沸騰する様子や、お米が膨らんでいく過程を見て、子ども達は大興奮!!

「ブクブクが出てきた!!」「いい匂いがしてきた~♡」「お米がジャンプしてる!!」「なんかここ(底部分)が茶色くなってきてる!(おこげのことです☆)」等、様々な呟きや、子ども達のコロコロ変わる表情がとても素敵です(*^_^*)

 

 

他のクラスの子ども達も見に来てくれました(^O^)

2つの鍋で調理をしたのですが、芋の量等で火の通り方にも違いがあり、片方は芋が柔らかくご飯が固め、もう片方はご飯が柔らかく芋が固めでした。子ども達も「同じようにしたのになんでかな~?」と不思議そう。

けれど、どちらの芋ご飯も給食で美味しくいただきました❤自分達が作った料理の出来立てを味見したときの表情は格別でしたよ♪

 

 

今回のクッキングの経験で、さらに調理に興味をもった子ども達!作る楽しさ・食材の変化に気付く呟きも多く聞かれました。これからまた機会をつくっていきたいと思います!

 

 

12月の献立表*食育だよりができました

献立表はこちら

12月はもちつき会やクリスマス風メニュー、バイキング給食などイベント多数!2018年の冬至は12月22日です。園では21日金曜日にかぼちゃのイトコ煮など冬至風のメニューを提供します。ご家庭でもカボチャや「ん」のつく食べ物を食べたり、ゆず湯につかってみてはいかがでしょうか。

食育だよりはこちら

今月は朝ごはんについて。欧米では朝食を食べるとアカデミーパフォーマンス(勉強だけでなく子どもの様々な活動含む)が上がるという研究結果も出ているそうです。日本人の朝はバタバタと忙しい家庭が多いかと思いますが、子どもにとっての朝ごはんって、とても大事なんです。ぜひご一読ください。また、おたよりにも記載していますが、どうしても朝ごはんが食べられなかった時は、どうぞ職員に伝えてください。子どもの様子を気を付けてみておきます。知っていれば対応ができますので、遠慮せずに教えてくださいね。

お芋クッキング②(年中)

お芋クッキング2回目は、『ゆでる・むす・スイートポテト』のグループ!

1回目のクッキングを見て、期待を高めて取り組みました。

お芋クッキング①はこちら

 

ゆでるグループ

ゆでるグループは、「茹でて何を作るか…?」の話し合いから。「茹でるって、お湯の中でぐつぐつ温めることだよね」「お水を入れて、火を付けたらお湯になるよね」等の話をする中で、前日の朝にリズム室で行っていた、幼稚園の畑のカブを使ったスープ作りに参加をしていた男の子が、「昨日の○○先生のスープと同じだ!」と気付きました。

「じゃあ、茹でたらスープができるんじゃない!?」とのことで、スープ作りに決定★

「何を入れるか」をインターネットで調べたり話し合ったりして、いくつか食材をピックアップ。「お肉ください」と給食室に相談に行き、肉はなかったためウインナーをいただきました。野菜は、幼稚園の畑から、大根・カブ・ブロッコリーを収穫!

一人ひとり包丁で芋を切り、みんなで大根の葉とカブの葉を食べやすい大きさにちぎりました。

 

味付けの相談に、再び給食室へ…。時間の都合上、イリコ等から出汁をとることはできませんでしたが、洋風出汁のもとと、醤油をお借りして、味を付けました。

野菜がたっぷり入ったスープは、給食でも大人気!葉物野菜ならではの少しの苦みもありましたが、みんなで味わって食べました❤

 

むすグループ

「お芋と一緒に幼稚園の畑でとった野菜も蒸す!」と、前もって決めていたむすグループ。

「どんな野菜なら蒸したら美味しいのか?」をインターネットで調べ、かぼちゃ・大根等をピックアップ。給食室にも相談に行きましたが、ない野菜も多く…。ゆでるグループと一緒に畑に収穫に行きました!

包丁で大きめに芋を切り、ゆでるグループと一緒に大根の葉とカブの葉を食べやすい大きさにちぎりました。

準備の中で、「蒸すっていうのは、湯気で温めて柔らかくすることだよ」と知った子ども達。「湯気って何?」というところから話は始まり、実際に蒸し器の蓋を開けてボワッと湯気が出てきた時には「わぁ!」とびっくり!!「熱いから気を付けて~」と、そ~っと蒸し器に食材を入れました。

「何に付けて食べる?」ということで、「マヨネーズ!」「ケチャップ!」との意見が挙がりました。最終的にマヨネーズに決定!

「蒸した芋が一番甘いね!!」と気付いた子ども達と職員!マヨネーズをあまりつけずに、素材本来の味を楽しむ子ども達も多かったです(*^▽^*)

 

 

 

 

スイートポテトグループ

スイートポテトのグループは、芋掘りの日に持ち帰った芋でスイートポテト作りをした男の子の発言がきっかけに決定しました。

材料は何が必要か、初めは数も手順も多くてなかなか覚えられず…。

それでは料理ができないと、何度もスイートポテト作りをした経験した友達に聞いたり、お母さんたちに聞いたりしながら調べていたので、使うものだけでなく、調理の順番もバッチリでしたよ(*^^*)

 

芋を切るときに最初に切った男の子が「猫の手」をしていたので職員もビックリ!「切るのをおさえるためだよ」と言っていてまた、

それを見ていた女の子が「だってこうしたら(指が伸びていたら)指が切れちゃうじゃん!」と言う子ども!

みんなしっかり見ていたのでしょう。スイートポテトの子ども達はみんな「猫の手」をして上手に切っていました。

 

切った後は、茹でる作業に。

子ども達の発言をよーく聞いていると、「次は !」「柔らかくするために に入れる!」と言っていたので

「熱い水?冷たい水?」と問いかけると、分からないという姿が見られました。

教えることは簡単ですが、せっかくなので今後の知識の一つとして身をもって経験してほしかったので、教師から提案をし、水とお湯に30分浸ける2つの方法をやってみることになりました。

湯がいている方(お湯)から、だんだんといい匂いがしてきたこと気付いた子ども達。

「こっちが柔らかそう!」と言いながら、実際に取り出して固さを調べて見ると・・・

左:水に30分 右:お湯に30分

 

 

 

 

 

 

お湯に入れた方が柔らかいことが分かりました!!

柔らかくするときは、「熱い水に!」「湯がく=熱いお湯」ということ体験した子ども達でした★

 

さあ最後の仕上げ!材料を混ぜて、ぎゅっぎゅっとお芋つぶし。

ここでもバターが溶けていくところに気付いてなぜか興奮していました(笑)

もちろん自分達で詰めて、焼くのは給食室にお願いをしてきました★

 

焼き上がり、ホカホカのうちにいっただっきまーす( *´艸`)

とってもおいしく出来上がりました❤

たくさん出来たので、クラスのみんなにもおすそ分けしました☆

 

 

今日のお芋の「炊く」グループは後日更新しますのでお楽しみに★

 

 

 

 

 

 

 

最近の遊び(年中)

最近の年中さんは個々の遊びもあれば、みんなで遊ぶこともしばしば…

特にお気に入りは60人のだるまさんがころんだ( *´艸`)

とまるポーズが上手ですよ~

ゴールまで全力でポーズを決めて、進んでいきます!

今週からテラス工事も始まり、室内で遊ぶことが少し多くなってきました。そこでたんぽぽ組は、

「教室だけのかくれんぼ!」

頭かくして尻かくさず…

目があわなければ大丈夫ルールなので、上手にはまってます(笑)

こすもす組は、オリジナル製作や、わらべうたで遊ぶことも多いです☆

ちょっと写真の調子が悪くまた今度載せますね!

給食の配膳も上手になってきました!

 

日に日にいろんな成長を見せる子ども達。見守り、言葉掛けを続けていきたいこの頃です☆

 

 

 

お芋クッキング①(年中)

先日の芋掘りで掘った芋。

芋掘りのブログはこちら

クッキングしよう!ということで、子ども達で話し合い、たんぽぽ組は調理方法(揚げる、焼く、蒸す、茹でる、炊く)で、こすもす組は作りたいもの(芋天、焼き芋、スイートポテト)のグループに分かれました。

それぞれのグループで芋を洗って泥を落とし、クッキングの準備はばっちり!

芋洗いのブログはこちら

今週3日間に分けて、グループでクッキングをしていきます。

今日は、『焼く・揚げる・焼き芋・芋天』のグループがクッキングに挑戦しました!

 

 

焼くグループ・焼き芋グループ

「焼き芋ってどうやって作るの?」「レンジ!」「火で焼く!」

「どのくらい時間がかかるんだろう?」「2分!」等、色々なやりとりがありました。

一旦、保育園から焼き芋の機械を借りよう!となりましたが、準備のために必要なものを先生と一緒に調べ…

結果、さんまパーティーの時のように、炭で焼くことに決定!

新聞紙とアルミホイルで芋を巻き、給食を挟んで1時間半ほど。じっくりと焼きました。

途中、園長先生達の力もお借りして…

帰り準備を終わらせてから、待ちに待った「いただきま~す!」の時間!

少し焦げてしまった部分もありましたが、あま~い焼き立ての芋をほおばっていました(*^_^*)

 

 

 

揚げるグループ

たんぽぽ組の揚げるグループは、芋チップスか芋天かで迷い…みんなで話し合い。結果、芋チップスを作ることに!

「おうちで作って食べたよ!」という女の子の体験談と、みんなで調べたことをもとに、芋を薄く切って油で揚げ、最後は塩で味を付けることにしました。

初めての包丁の子もいたようですが、みんな慎重に、真剣に切っていました(#^.^#) 油の中へも、そっと入れることができました!

 

塩で味付けする前と後で食べ比べ★「塩の味がある方がおいしい!」と、味の違いも感じることができたようです。

みんなにお裾分けして、あっという間になくなりました。

 

 

 

芋天グループ

少し厚めに芋を切ったら、てんぷらの衣作り!今回は、小麦粉と水に、少し塩を加えて作りました。

優しく混ぜて… 切った芋に衣をつけます。衣がはねないように、そーっと油の中へ…

 

中には油がはねて「熱い!」とびっくりした子も。その様子を見て、さらに慎重に油に入れるようになった子も。お互いの姿から学んでいます☆

先にできた芋チップスと比べて、「てんぷらを作るには衣が必要なんだね」と知った子ども達!芋チップスとの違いも感じたようです。

 

 

少人数だからこその、子ども達同士のやり取りが活発に行われたクッキングの時間でした。

さあ、次は明後日、『蒸す・茹でる・スイートポテト』のグループがクッキングに挑戦します。

次も、子ども達の表情や呟きが楽しみです(*^▽^*)♥

 

 

 

 

好きな遊びをしよう 年少組

今日は3つのコーナーに分かれて遊びました。

室内遊びコーナー(制作やごっこあそび)

幼稚園の園庭で遊ぶコーナー

御召覧降園へ散歩へ行くコーナー(各クラス5名)

5名の散歩へ行くコーナーへ10~13名「行きたい」と言っていました。

職員「行く人を5名話し合いで決めてね」というと

子ども「私は◎◎ちゃんと公園で遊びたい」「僕も◎◎君と公園で遊ぶ」「今日行きたい」と自分の気持ちを言葉で伝えてくれました。

自分の気持ちを話せることを認めつつ、今日行ける子と、今度行く子がいることを伝えましたが、やはり気持ちは変わらず・・・。

職員「先生がきめてもいいの?」と話すと子どもたちが「いいよ」と言ったので、「あなたは今日いけないよって先生がきめるんだよ?いいの?」ともう一度話すと「いや!」と言い、「今度行く人いない?」と伝えると4人今度行くことにしてくれました。

「2回目の散歩は行きたいところをみんなで話し合ってきめようね」と伝えると納得している姿がありました。

自分の気持ちを主張したりすることができていたのは、自主性や自発性が育ってきているからだと思います。

これからも友達との対話を繰り返し経験していくことで、相手の意見を聞いたり自分の意見をしっかりと伝えられるようになっていってほしいと思います。

年中の芋チップをわけてもらっているところです。

御召覧公園でどんぐり拾いや固定遊具での遊びを楽しみました。

 

室内でままごとや製作遊びを楽しみました。

さぁ、サツマイモを!(年中)

先日おいもほりに行った年中さん☆

今回 「みんなでほったおいもをどうしたい?」と投げかけてみました。すると、

「スィートポテトにしたい!!」

「やきいもにしたい!」

「てんぷら~(*^▽^*)」

などなど、色んな意見がでました。

でも「どうやったら、できるのかな?」と聞いてみると、

「う~ん…」・・・・・・・・・・・・・”(-“”-)”

「じゃあ、調べてみよう!」

給食室の先生や、お母さんたちに聞いてきたりして、それぞれの調理方法を調べました(^^♪

決定したのは、

①やきいも ②てんぷら ③スィートポテト ④おいもごはん ⑤ふかしいも ⑥ゆでてみる です!

それぞれ調理方法を選んでグループになり、まず下準備として、おいもを洗うことに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

洗ったら、乾かす~

 

さぁ、いよいよ来週から調理に入ります!

楽しみです(*^▽^*)

秋の遠足 年少組

青少年研修センターへ行ってきました!

まずは体育館で、ミニ運動会を行いました。

運動会を楽しんだ経験があるからか、子ども達は遊戯の曲が流れるとすぐにノリノリで踊りだしました。

初めてクラス対抗でのリレーを行いましたが、バトンを次の人に渡すということは分かっているのですが、違うクラスのお友達のバトンを受けたり、違うクラスのお友達にバトンを渡したりする姿がありましたが、走ることやバトンを渡すことを楽しみながら、リレーを体験することができて良かったと思います。

その後、綱引きを2チームに分かれてしました。

子ども達と即席でチーム名を考えたのですが、チーム名は「エビ」と「カニ」

理由は不明ですが気に入っていた様でエビチームは「えいえいえびー!!」と掛け声をかけたり「えーび、えーび」という掛け声で綱を引っ張っていました。子ども達VS大人たちの戦いでは子どもにインタビューすると「負けない!」と張り切っていました。子どもたちの力は強く、あっという間に負けた大人たちでした。

「リレーをしない」「綱引きをしない」といった子ども達もいましたが、しないといった子は応援をしてもらいました。競技は一緒にはしなかったのですが、場はしっかり共有して見ている子も楽しんでいました。

 

 

お弁当

体育館の2階でお弁当を食べました。日差しが暖かく風がこないので気の合う友達と一緒に会話を楽しみながら食べていました。お弁当を食べ終わると嬉しそうにおやつを食べていた子ども達です。

お忙しい中ご準備いただきありがとうございました!!

かえでの園

お弁当のあと子ども「まだ遊びたい」「この後はどうするの」と言う子ども達。

職員「はっぱが赤くなっているところで遊ぼう!」と伝えると、子ども「えーいくの?」「もみじがあるの?」と嬉しそうにしていました。

かえでの園に行くと子ども「赤いね」と言ったり、いっぱい落ちている葉を空に舞い上げて、ひらひら落ちてくる様子や色合いを楽しんでいました。

はっぱの絨毯を歩くとかさかさ音がするのを喜んでいる子もいました。

アスレチックに夢中で遊んでいる子や、木の棒や落ち葉をひろったり実を拾うことを楽しんでいる子もいました。12月にむけて、リースにつけたりツリーをつくるのも楽しいなぁと思います。

 

青少年研修センターでは、明日GOGO紅葉フェスタが開催されるそうなので、いかれてみてはいかがでしょうか?

青少年研修センターのサイトはこちらから

 

帰り道に桜の木があることを担任が伝えると「ピンクの花がさくんだよね」「行きたい!」という声があがりました。

また、桜の季節にみんなで園外に行けたらいいなぁと思います!!

2 / 1412345...10...最後 »