聞いていてくれてありがとう(年中 たんぽぽ組)

8月に入り、梅雨明けを気温で感じる今日この頃。新型コロナウイルスの感染拡大や長い梅雨の期間の大雨など、心配事が絶えない一学期になりましたね。暗いニュースが世間を騒がせる中でも、子ども達の笑顔はとてもはじけていました。

 

年中組に進級して早4ヶ月。沢山の『出来た!』を経験してお兄さんお姉さんになっていく子ども達を見て誇らしく思うと同時に、もう手を貸さずに見守るだけで大丈夫そうと思うことが増えて、ちょっぴり寂しさを感じます。

 

 

4月から子ども達と沢山のサークルタイムの時間を沢山作りました。

自ら手を挙げて発表をする子もいれば、聞き役に回ってくれる子、自分のタイミングで発言する子と様々な姿がありました。その中で、ただ自分の意見を言うだけではなく他の子の意見もきちんと聞くことを、サークルタイムを通して子ども達に繰り返し伝えてきました。

 

そのことがあったからでしょうか。

物の取り合いで言い争いをしている子ども達がいた時、ある子が間に入り、「○○君は何が嫌だったの?△△君はどうしたかったの?」と両者の考えを聞こうとしていたのです。この状況をどうしようかと自ら考え、どちらの話も聞くことで解決ができるかもと考えたのです。

その姿を見た時、教えたことが生きてきていると心が揺さぶられました。

 

正直、この一学期は子ども達への伝え方に私自身とても悩みました。

子どもたち自身が成長するにつれて、沢山の言葉を吸収していっています。分かりやすく伝えようと思って砕けた言い方をすると幼なすぎたり、この伝え方で大丈夫だろうと思ってもうまく伝わらなかったり。

しかしこの出来事を見た時、ホッとしました。“伝わっている”ってとても嬉しいことです。

たんぽぽ組の子どもたちにも「自分の思いが伝わる事の嬉しさや満足感」を感じてほしいなと願っています。

 

 

一学期、たんぽぽ組の子どもたちのいきいきとした笑顔を沢山見ることができました。

二学期もまた自分の好きな事をめいっぱい楽しめますように!こども園でお待ちしています♪

 

文責:中村

『おこだでませんように』 1歳児 つくし組

5年ほど前でしょうか。一冊の絵本と出会いました。

『おこだでませんように』くすのき しげのり・作 石井聖岳・絵 /出版社:小学館

という絵本です。興味のある方のために内容は多く語りませんが、子どもの気持ちをはっと気づかせてくれる絵本です。子育てや保育、何かしら私が壁にぶつかったときに読んでいる絵本です。

 

今回どうしてこの絵本を紹介したかといいますと、1歳児クラス、つくし組の子どもたち・保護者の方の多くがぶつかっている“イヤイヤ期”についてお話ししようと思ったからです。

さて、一般的に言います“イヤイヤ期”とは、自我の芽生えともいわれています。自我の芽生えとは、自分自身を意識し始め、自己主張をするようになった様子です。自分の意志を持つようになった子どもが自分ってどんな人なんだろう…、自分の気持ちって相手にどれくらい通るんだろう…と、イヤイヤー!!という主張を通して試している時期の事をいいます。

 

この洋服イヤ!!

ご飯食べるのイヤ!!

お風呂入るのいや!!

じゃあこれして遊ぼうか?と変わりのものを提案してもイヤ!!

 

皆さんはこんな経験ありませんか…?

つくし組の保護者の方々と話をする中で、どう関わればいいんだろう…?と、悩みを相談してくださる方も多くいらっしゃいます。実は私の娘(2歳)もイヤイヤ期真っ盛りです。

何をするにもイヤ。イヤイヤなのに、ママ、ママ…。だっこだっこ…。

ついにやっていたイヤイヤ期…と、頭を抱えています。

 

 

そんな私も実践していることがあります。それはとにかく共感する事です。

イヤイヤー!!と主張している時は「○○が嫌だったんだよね。そうかそうか。」と、子どもの気持ちに寄り添います。でもあまりにも主張が強すぎる、気持ちの切り替えに時間がかかりすぎている時は「嫌だったんだよねー」といいつつも、行動はしてほしい行動を促すというやり方です。

 

例えば、パジャマから洋服に着替える場面

「お着替えイヤー」と言っている時、「嫌だったんだんだね、次に誘ったときは着替えようね」と、一度は子どもの気持ちを受け止めます。

そしてしばらくたってからもう一度トライ。

「お着替えしようか?」

「イヤー!!」案の定同じ反応です。

そういう時は「嫌だったんだよね、着替えたくなかったんだよね、でも約束したから着替えようね」と、言葉を掛けながら抵抗していても着替えさせます。

ここでの大切なポイントは気持ちは受け止めるけれどこれ以上は譲れないよ。という線引きを大人がしてあげる事です。

イヤイヤ期の関りで大切なのはここにあるのかな?と思います。

イヤイヤはわがままとは少し違い、自分でやりたい!という気持ちがあるけれどなかなか自分でできない歯がゆさ、自分の気持ちをどうやったらコントロールできるかという方法を学んでいる真っ最中なのです。

 

こう言っている私ですが、家の中でずっとわが子が「イヤイヤー!」と言っているとげっそり疲れてしまうお母さんの気持ちもよくわかります。

時にはふっと息を抜いてママだけの時間も大切にしてくださいね。

 

自我の芽生え”イヤイヤ期”。

大人の気持ちや社会のルールを学ぶ大切な時期です。ダメなものはダメ。

大人が許容範囲をしっかりと決めて関わってあげましょう。

いつか終わるイヤイヤ期。子ども達の心の成長に寄り添いながら見つめてみませんか?

こんなかかわりでよかったのかな…。また怒ってしまった…と後悔しているその瞬間。

冒頭に紹介した『おこだでませんように』の絵本は読むと心がジーンとする絵本です。

文責:水之浦

 

 

命を守る

”リズム室で活動中に、こどもたちが何人か寄ってきて口々に言いました。「先生、A君が寝てて起きないよ」。A君はあなたの呼びかけに応答しません。明らかにいつもと様子が違います。もう一人の担任はトイレに行っていて部屋にはあなた一人。さて、こんな時どうする!?”

 

という想定で「救急救命」の研修を行いました。講師は錦ヶ丘保育園の看護師2名。大木は、災害派遣医療チームD-MATに所属していた経歴の持ち主です。6月に保育園で同様の研修を行い、こども園でも3回に分けてバス運転手・非常勤教諭・事務員含めすべての職員がこの講座を受けます。なぜか?お子様の命を守ることが常勤・パートに関係なくこども園の職員の使命だからです。

 

第一発見者、記録係、心肺蘇生を始める人、AEDを持ち出し使う人、担当を分けて実際に各所へ連絡する練習までを行いました。発見から救急隊到着まで約10分の時間の長いこと・・・。どんな時も冷静なチームワークが肝になると学びました。事前研修としてアスカモデルについても学びました。研修を通じて見えてきた課題もいくつもあります。あってはならないことではありますが、不測の事態に備えて備えすぎることはありません。2回目・3回目も気を引き締めて研修に臨みます。

 

年度当初の説明会でもご紹介した、セーフキッズジャパンのこちらのページ  によくある幼児の事故がまとめられています。園でもこちらの例を参考に安全対策を考えております。ぜひご覧ください。

 

(堂園春)

 

ハイオクで今日も元気!

午後の時間を利用して、非常勤職員を中心に給食研修を行いました。6月の育児講座の内容とほぼ中身は同じです。自分の園の特色をしっかり理解していなければ保護者の皆様にも説明ができません。研修のおわりに何人かに感想を聞いてみると、バス部の大矢が名言を。「いつも園長と贅沢な給食だねと言いながら食べています。車に例えると、質のいいハイオクガソリンで長く調子よく走る車と、粗悪なガソリンで車が壊れてしまって結局修理代が高くついてしまうのと同じことですね!園でのいいご飯はハイオクガソリンですね」。給食と給食費については保育園のブログにもくわしく書きましたので、こちらをご参照ください。

 

さてこの2・3日のごはんです。朝から良いにおいがしていた「鶏飯」の日。鶏ガラをしょうがとネギで煮てスープを取ります。鶏肉を手で細かく裂きます。シイタケは味をつけて煮ます。錦糸卵を作り、たくあんを細切りにします。さつまあげ用にはトウモロコシをゆでて身を削ぎ、さつまいもとニンジンをゆで細かく切ったものを魚のすり身と混ぜてあげます。手間暇かけただけあって、お代りもたくさん。薄味でさらさらとご飯が進みました。

鶏飯、さつまあげ、かるかんの郷土メニュー!

さつまあげもすり身と野菜を混ぜて手作りです。

 

新鮮トマトがたっぷり入り赤色が食欲をそそる、トマト肉じゃが・もやしの味噌汁・ひまわり工房のパン&ホワイトソースピザ、は本日のメニューでした。味がじんわり染みた肉じゃがには、豚肉ではなくやわらかい牛肉がたっぷり。もやしの味噌汁は味噌の香りが立ち上がりあと2杯ぐらい食べられそうな気がしました。(実際には肉じゃがのじゃがいもでおなか一杯)。ひまわり工房からは焼きたての食パンが届き、給食室によると焼きたてパンの香りに包まれる幸せ~な時間が流れていました。食は元気の源です!

トマト肉じゃがともやしの味噌汁

 

堂園(春)

パンダ銭湯みたい!(うさぎ組)

長かった梅雨がやっと明け、戸外遊びが思う存分楽しめる時期になりました。夏休みも、年少組の子どもたちは20名程登園しています。

今週に入り、子どもたちの体調を考慮しながら戸外での“水遊び”を本活動として取り入れています。5月、6月よりもさらに気温がとても高いため、水の冷たさがより身体で感じる事ができているようです。

 

日向に出来た水たまりに入ったA君がある発見をしました。

A君「ここの水溜り、なんか温かい!」

B君「本当だ!なんかパンダ銭湯みたい!」

“パンダ銭湯”は、朝の活動で読み聞かせをした本でした。導入として読み聞かせをした絵本と今日の水遊びが、子どもたちの中で結びついた瞬間でした。気づいた事を、言葉で表現する際、その子らしさをとても感じることができます。

 

そこで、保育教諭が「本当だね!温泉みたいで温かいね。」とA君やB君の言葉を拾いながら、全体に発信することによって他の子どもたちへのイメージの共有やその場所に集まり発見したことを共有することも大切にしています。

水の冷たさだけではなく、場所によって冷たい水溜りと温かい水溜りがある事を発見できるのも、夏ならではの良さだと思います。

 

長期休みは、子ども達も比較的少ないため異年齢の子ども達とも場所を共有しながら、年上としての優しい姿を見ることが増えてきました。次回のブログ等でお伝えできたらと思います!

文責:武田

 

 

 

 

いちばちとまった!(年中 こすもす組)

長期休業期間に入り、クラス全員は集まりませんが、登園している子ども達は興味のある遊びを友達と一緒に楽しむ姿が見られます。

みなさん、ご家庭ではどのようにお過ごしでしょうか?😊

 

 

「からすかずのこ にしんのこ おしりをたたいて かっぱのこ」

1学期の最初の頃は、年少の時にしたことのある“わらべうた”を、こすもす組の子ども達と楽しんでいました。

 

この1学期、新しい“わらべうた”にも沢山触れることができました。初めて触れるわらべうたにも興味津々。保育者がする様子をじっと見ていますが、何度かするうちに、子ども達も一緒に歌ったり真似をしたりしています。

時には、担任と行うのではなく、他のクラスの職員と“わらべうた”をする日もありました。そこで、またいつもとは違う新しい“わらべうた”と出会えることもあります。

 

そんな時は担任が保育室に戻ると、子ども達は「わらべうたしたよ!」とすぐに教えてくれました。

 

ある日、朝のサークルタイムの前に“わらべうた”をすることになりました。

この日は「今からわらべうたしようかな!」と担任から話をすると、「昨日、こんなわらべうたしたよ!」と子ども達から教えてくれました。

「ずくぼんじょ!」「あと、おーはいりって言うんだけど何だったっけ?」など、覚えている範囲で言葉や動作を使って伝えようとしてくれました。

楽しかったことや教えてもらったことを、その日いなかった担任にも伝えたいと感じるようになってきているのだと嬉しく思いました。

ただ、「楽しかった」と伝えるのではなく、教えてもらったことを『どうやったら伝わるか』伝え方を工夫する姿を見て、幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿の【言葉による伝え合い】が育まれてきているように感じます。

 

 

子ども達と1学期遊んだ“わらべうた”の中から、今回は2人組で遊ぶわらべうたを紹介します!(大人数で遊ぶわらべうたの様子も今後お伝えします!)

 

○いちばちとまった

この遊びは、1から8まで数えながら、交互に相手の手の甲をつまんで塔のように重ねていく遊びです。手が足りなくなったら、1番したの手を離し上へ上へと重ねていきます。最後のはちがきて・・ぶんぶんぶんというところで、手を離し両手を上下にこまかくふる遊びです。

♪ いちばちとまった(つまむ)にばちとまった(つまむ)さんばちとまった・・・

はちばちとまった   はちがきて くまんばちがさして ぶんぶんぶん🐝

初めてやった時は、なかなか交代ずつつまんでいくのが難しく、うまくできませんでしたが、何度も繰り返すうちに出来るようになった子ども達が増えてきました!

子ども達は、ぶんぶんぶんと蜂が飛んでいく真似をする所が楽しいみたいです。

この『いちばちとまった』は、つまむという動作が入ってきます。力を入れすぎると友達が痛い思いをします。遊びながら、つまんだら痛いんだという気持ちに気付き力の調整ができるようになってほしいと思います。

また、数字が入った“わらべうた”なので楽しく遊びながら、数に触れることができます。そして、10の姿の【数量や図形、標識や文字などへの関心・感覚】にも繋がります。

 

○ダイドーダイドー

♪ こ こはとうちゃん にんどころ  こ こはかあちゃん にんどころ・・・

このわらべうたは、2人組でどちらか1人が相手の顔の頬や額、あご、鼻を順番につつき、最後にこちょこちょをする遊びです。

子ども達は、友達の顔をつつくとき、とても優しく触る姿が見られます。相手の子どももつつかれると嬉しそうに微笑みます。

“わらべうた”では、仲の良い友達だけでなく、いつも余り一緒に遊ばない友達とも関わることができています!!

 

今回紹介した2つの“わらべうた”以外にも、『たけのこめだした』『オフネガ』『いっぽんばし』『とうきょうと』など2人組でできるわらべうたが沢山あります。

 

 

2人でする“わらべうた”の中にはたくさんのスキンシップが含まれています。ぜひ、長期休業中、子ども達と一緒にわらべうたをされてみてください😊

文責:武石

 

Read More

赤いトマトはおいしい(くるみ組の子ども達)

認定こども園 錦ケ丘の駐車場の端に、畑があります。

子どもたちと一緒に畑を見に行くと、芋やトマト、ナスやキュウリ、トウモロコシがありました。

その中でもくるみ組の子どもたちはトマトが好きです。

緑のトマトを取って食べた時に『苦い』ことに気付いてから、赤くなるのを心待ちにしていました。

少人数で畑に行っており、そのたびに緑のトマトを採る子どもがいたので、緑のトマトを食べました。食べない、という子どももいるのですが、他の子が食べて「苦い~」と言っているところをみて(みどりのとまっておいしくないんだなぁ)と学んでいる様子でした。

 

いよいよトマトが赤くなると「トマト赤いよ」と教えてくれる子ども達。みんなで食べるとK君は「赤いのはおいしいね」とつぶやいていました。

K君が帰りのサークルタイムでクラスの子ども達に伝えると、それを聞いた子ども達も「そうだったよね」と納得しているような表情。

子ども達が自分で気づいた事はとても新鮮な事実だったようで、保護者の方に畑の場所を伝えたり、赤になったら食べるんだよと家庭で話していたことを保護者の方から教えていただきました。

一日一日が別の日ではなく、子ども達の体験したことが積み重なっているのだなぁと感じた出来事です。

自分たちで気付いて、体験して知ったことは、新鮮で他には変えられない宝物になるのではないかと思います。

夢中になれるような遊びの環境設定を作り、主体性を引き出したり、子ども同士での関わり方を学べるようにしていきたいと考えています。

文責:新元

ビオトープの掃除

こども園の1日 

皆様ご存じとは思いますが本園は、今年度から幼保連携型認定こども園に移行しました。例年ですと7-8月はお休みのお子様が多く他の月に比べてかなり静かになりますが、2号・3号・新2号が増えましたのでこの夏からはどちらかというと通常運転に近いです。

 

ここ最近のこども園は日々様々な動きがあります。希望された方の担任との面談、ビオトープの泥あげ掃除作業、電話応対講習、そして8月に入るとまふぃんや保育園への研修も入ってきます。明日以降は、救急救命講習・給食研修・法人合同研修・保育の振り返り(これからの保育につなげるとても大切な話し合いの時間です)などが計画されています。プロとしての資質を高める努力は常に行っていかねばと肝に銘じております。

ビオトープの掃除

ビオトープの掃除 汗びっしょりです!

電話講習。アロハシャツの講師は新元です

電話応対講習。アロハシャツの講師は新元です。

さて本日のお昼ご飯。真夏日が続く体に元気を注入するモロヘイヤスープ、柔らかい国産牛肉・揚げと青菜のにんにく煮物、じゃがいもと枝豆の温サラダでした。午前中外遊びに興じたこどもたちはもりもり食べていました。昨日お知らせした新しい出汁も、香りが違う!と保育担当職員がびっくりしていたそうです。れんげ組0歳児の離乳食の進みもよかったと聞いています♪午睡後のおやつは5歳児が作った梅ジャムのサンドでした。4歳児が漬けた梅干は来週以降干すようです。自分たちが作ったものがこうして形を変えて出てきて、友達と楽しく食べるときっとうれしいでしょうね。

(事務統括 堂園)

 

ガパオライス & 浮島

本日は珍しく給食調理をいたしました。事務統括の堂園(春)です。
「錦ヶ丘は給食の内容がすごく良いので!」と選んで入園してくださる方、見学に来てくださる方がとても多いです。ありがたいことです!そんな給食のこだわりの内容を職員が学ぶのはもちろん、離乳食の進め方や食と保育の連携を深化させるためにも栄養士以外の職員が給食調理を行うことがあります。先週は、0歳児の担任と理事長も調理を担当いたしました。

 

さて本日のご飯は、ガパオライス。タイのそぼろご飯的なものと言えばよいでしょうか。鶏ひき肉をニンニクで香ばしく炒め、そこに玉ねぎの甘さ、パプリカの彩、ナンプラー、バジルを加えてご飯にかけて食べます。本場ではおそらくもう少しピりっとしてるんだろうね!と話しながら調理しました。和食中心の錦ヶ丘の給食ですが、昨年度から世界各地の料理も取り入れてみよう!ということで、こども園・保育園合わせて5名の栄養士がメニューを提案し献立を作成します。

 

かぼちゃ・なす・おくらなど夏野菜とベーコンがたっぷりのスープは、オクラのとろみとベーコンの塩気がなんとも後を引く美味しさでした。ガパオライスとの相性が良かったのでしょう、全クラス完食。本日は100個近くのうずらの卵の殻をむくというなんとも地味ながら、責任重大な役もつとめました!ぱかっときれいに割れた卵のほうがおいしそうに見えますから丁寧に剥いては切り、剥いては切りを繰り返しました。その間に、おかゆをつくり土鍋で離乳食の野菜を煮てと給食室の流れるようなチームワークに感動しているうちにからっぽの食缶が帰ってきました。

 

手作りおやつの浮島、は想像していたよりふわふわに仕上がりました。この時期ですが生のゆずを仕入れ餡子と卵の黄身で練り、そこにメレンゲにした卵白を混ぜ、甘納豆を隅々まで散らして蒸す!きっと、こども園で今日調理をしなければ一生自分で作ることはなかったであろうおやつですね。甘納豆。小学生のころおばあちゃんの家でよく出ました。とても苦手でした。今日このおやつを食べたこどもたちも10年後ぐらいに「小さいころに食べたなこれ」と思い出してくれたらうれしいですね!食の体験を広げるというのも大切な食育のねらいの一つです。

 

さて、明日はちょっと違うだしを使って調理します。皆様に試食していただけないのが残念!8月1日の育児講座にお申込みいただいた方は、職員にもファンが多い「セロリのシチュー」を試食でご準備いたします。お楽しみに☆

今日はこの遊び!(うさぎ組)

日差しの強い日が続いていますが、熱中症に十分気をつけながら夏休みまでの3日間を過ごしました。

戸外に行かずとも、保育室に蝶やトンボが遊びに来てくれることが増え、夏の生き物図鑑を開きながら発見と観察を楽しむ子どもたちです。先週水曜日で、全員で揃う1学期を終え、ひとまずうさぎ組は、お休みです。

 

4月当初、「お家に帰りたい!」「ママ、パパがいい」と涙を流しながら懸命に訴えていた子ども達が、今では保育室に走って元気に登園して来てくれる事がとても嬉しい反面、夏休みに入りしばらく会えないこども達がいる事を思うと少し寂しく思います。夏休みも是非こども園に遊びに来てくださいね^^

 

 

1学期最終週は、活動に目的をもつことをねらいに活動を行いました。突然戸外に遊びに行くと「・・・(何して遊ぼう?)」と戸惑う子どもたちの姿が先日まで印象的でした。

そのため、少しでも戸外にでた際スムーズに遊びに入れるよう、ホワイトボードを活用しながら子ども達と朝の会の時間に話し合いを行いました。

 

☀︎外遊びと、☁︎室内遊びに分けて、“どんな遊びが好きか” “どんな遊びをしたいか”を問いかけながら子どもたちの発言や呟きを拾っていきました。ホワイトボードを使うことによって文字を少しずつ意識することや可視化出来ることもねらいです。

前日まで、戸外での遊びになかなか入ることが出来なかったA君でしたが、「今日はお外で鬼ごっこをする!」と明確な目的ができ、「B君一緒に、鬼ごっこしない?」と周りの友達を誘いながら集団で遊ぶ様子がありました。

目的が自分の中にあるだけで、友達と一緒にこの遊びをしたい!と思えるまでその子の気持ちが動き、戸外で好きな遊びに向かえるきっかけになったのだと思いました。

 

引き続き、2学期もこの活動を続け、一人遊びを黙々と楽しむ子が充分遊び込むことができ、自分以外の誰かとこの遊びを共有したい!と思えるきっかけ作りをしていけたらと思います。

 

文責:武田