【お知らせ】新園舎工事⑧ 屋根の下地ができました!・交流そうめん流し

先々週の土日で、新園舎の屋根の下地が作られました!

つい先日足場が組まれていたのに…と、みるみる進む工事に子ども達も職員もびっくり。

また、屋根の下地ができたことで、一気に建物のできあがりのイメージが沸いた様子。

「おうちみたい!」「赤ちゃんのお部屋できてきてる!」と、子ども達もとても喜んでいました。

 

 

また、土曜日の預かり保育の給食では、工事の方を招いて一緒にそうめん流しを楽しみました。

8月のそうめん流しの際、「そうめんいいね~!」「見ていたら食べたくなってきた!」と、工事の方々が声を掛けてくださったことがきっかけで、今回のそうめん流しが計画されました!

育児講座の試食会も重なり、お母さん方も一緒に、たくさんの人数でわいわい楽しくそうめんをいただきました♪

初めはちょっぴり緊張した様子の工事のお兄さん方でしたが、近くの子どもに「何歳?」と声を掛けてくださる等、会話も楽しんでくださったようです。

 

これからも、このような機会をつくって、一緒に工事を見守っていけたらいいなと思います。

 

文責:迫田(昌)

【お知らせ】新園舎工事⑦ 足場が組まれました

足場が組まれてきました

園舎の2階から工事の様子がよく見えるのですが、年中・年長組の子ども達が早速気付き、「上まで来てる!」「なんか大きくなってるよ!!」と、保育士にも教えてくれました。

理事長も、徐々に高くなってくる足場を見て、「ワクワクしますね!」とのこと。

子ども達、よく見て変化に気付いているなぁと感心します。

足場が組まれました

 

重機が入ることは今週はありませんが、2tトラックや軽トラック等の工事車両は毎日のように出入りをしています。

それも、子ども達が午睡をしている時間や朝早い時間などを中心に、警備員や錦坤館職員への報告を確実に行いながら、最大限の安全を確保したうえで出入りをしてくださっているところです。

警備員の先導で工事車両が行き来します。職員は、子どもの安全をしっかり確保します。

 

新園舎の建物名が決まりました!

新園舎の建物名が『ましゅまろはうす』に決まりました。

赤ちゃんのほっぺの感触のイメージです。インテリアも白を基調に、照明も雲のようにふわりと浮いているものを考えています。

施主である理事長の命名になります『ましゅまろはうす』、よろしくお願いいたします!

 

来週はいよいよ上棟式。“上棟式”というものが初めての子ども達もいることと思います。

新園舎建築のお祝いの“上棟式”。「どんな式なのか?」等、子ども達にも話をしながら、気持ちを高めていきたいと思います!

 

文責:迫田(昌)