【お知らせ】新園舎工事⑬ 遂に完成です!!

26日、遂に新園舎“ましゅまろはうす”の引き渡しがありました。

市の検査等を終え、先日電気類の説明が行われ、鍵が幼稚園に引き渡されました。

 

 

早速、子ども達がましゅまろはうすを見学しました★

新築ならではの木の香りや、珍しい電球の形…

あたたかい雰囲気が漂う空間になりました。

夏から見守ってきたましゅまろはうすに、子ども達は室内を走り回り大興奮!!

「すご~い!!」「楽しい!!」と、新しい空間に大喜びでした!

中でも大人気だったのは、丸窓とアナグラです。

年中・年長の子ども達は、「どうやって上に行くの~!?」と、アナグラの上の高い場所にも目を向けていました。

 

あと少し手直しはあるとのことですが、ほとんど完成のましゅまろはうす。

冬休み中に、バス部の先生方が家具の組み立ても行っています。

年が明けると、いよいよ部屋の環境の設定に入っていきます。

最後まで怪我や事故がなく、4月を迎えられるように、みんなで見守り、気持ちを引き締めていきたいと思います。

 

文責:迫田(昌)

 

【お知らせ】新園舎工事⑫ 最近の様子

フェスタでは…

先日のにしきっこフェスタでは、工事のフェンスに子ども達の絵を飾りました!!

その中で、「工事のフェンスで何かできないかな…?」

考えた結果、幼稚園全員の子ども達の描いた絵が飾られることになり、当日フェスタで展示を行いました!

テーマは『ぼく・わたしのかお』でしたが、自分の顔だけではなく家族の顔やお花、キャラクター等々…自分の大好きなものを描いた子ども達も♡

一人一人が思いを持ち、考えながら描いた絵。「上手・下手」ではなく、その子の思いに心を寄せて見ていただけていたら嬉しく思います!

2歳から6歳まで、幅広い年齢の子ども達の絵が一度に見れる機会は園内でもなかなかなく、貴重な機会となりました。

工事フェンスがあるからこその今回の展覧会でした♪

 

 

外壁塗装が終わりました

塗装が終わり外観がほとんど整ったことで、高い工事のフェンスが撤去され、緑色の背の低い柵に変わりました。

ましゅまろはうすがよく見えるようになり、子ども達も「もうできてる!!」と興味津々!

完成に向けて、内部の工事が進んでいます。

保育園に出向して乳児保育を学んでいる職員が買い付けに行った家具も、少しずつ園に届き始めました。

いよいよだなぁ…と、気が引き締まる思いです。

いよいよ完成間近!

あと少しの工事期間を、子ども達と楽しみながら見守り、関わっていきたいと思います!

 

文責:迫田(昌)

 

【お知らせ】新園舎工事⑩ 今のましゅまろはうすの内部は…

新園舎工事は、特注したサッシが届いていない関係で、しばらくストップしている状況です。

しかし、今週中には届くようで、大工さんを増やして工事を進めてくださるとのことです。

 

今回は、新園舎『ましゅまろはうす』の今の内部の様子をご紹介したいと思います。

入口を入ると…

 

入口を入ると、右手が0歳児の乳児室、左手奥が1歳児のほふく室、左手前が2歳児の保育室です。玄関の裏側に、沐浴コーナーを設置しています。

1歳児のほふく室が写真の右側・2歳児の保育室が左側になります

真ん中のスペースが沐浴コーナー。奥が0歳児の乳児室です。

0歳児の乳児室についている窓です。子ども達が覗くのにぴったりな形と大きさ!

 

 

また、左手の一番奥(園舎緑の階段に一番近いところ)に、アナグラが作られます。少し狭い空間が大好きな子ども達にとって、ぴったりの遊び場になりそうです。

このドームのような形の下部がアナグラになります

 

 

先述した“特注のサッシ”が入るのは高い場所にあるこの窓。この窓から、リズム室側はせんだんの木が、また、六角堂側は桜の木が見えるようになっています。

あたたかい陽の光が差し込みながら、木々の葉や枝が揺れる様子や、季節によって変わる葉の色を子ども達と眺めながら、自然を感じていきたいと思います。

この高い場所にある窓から、せんだんの木・桜の木がきれいに見えます。

 

 

木の香りが漂う空間に、職員もワクワクの気持ちが増したひと時となりました。

工事が進みましたら、また内部を紹介したいと思います。お楽しみに!

文責:迫田(昌)

 

 

 

【お知らせ】新園舎工事⑨ 最近の様子

上棟式が終わり3週間。

屋根がほとんどできあがり、内部の工事が進んでいます。

屋根がついたことで、今まで2階からよく見えていた工事の様子もなかなか見えなくなっています。

そのため、子ども達の工事への気付き・つぶやきも以前より少なくなっている様子…

何か子ども達の興味を引き出せないか、工事の方にも尋ねてみながら、きっかけを作ってみたいと思います。

新園舎は大きな窓ガラスが入ったり、床暖房の工事が行われたりと、安全第一で工事が進んでいるところです。

 

また、9月半ばから10月あたまにかけて、来年度の入園を検討される方々を対象にした見学会が行われました。

園庭を巡ってご案内をする中で、新園舎の紹介もさせていただきました。

「来年入園が決まったら、ここで過ごすんだ…」と、見学の皆様も楽しみにしてくださる様子が見られました。

来年、新しい子ども達と過ごす新園舎。完成が楽しみです!!

 

文責:迫田(昌)

【お知らせ】入園説明会 延期のお知らせ

先週より、インフルエンザを含め、感染症の発症が増えております。

また、週末に台風も接近していることから、説明会を延期いたします。

急な、変更で申し訳ありません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

説明会 日程 (変更後)

19日 受付15:10 説明会15:30

20日 受付10:40 説明会11:00

24日 受付14:40 説明会15:00   (説明会は1時間程度です。)

 

 

 

【お知らせ】新園舎工事⑨ 上棟式

先週の金曜日は上棟式!しかし、朝からあいにくの雨模様…

小雨の中でも進んでいく上棟式の準備を、子ども達は「矢が立ってきた!」「屋根の上にお餅がある!」とワクワクしながら見守ります。

12時からの神事には幼稚園・保育園の両園長が参加。そこであげられた祝詞では工事を「匠の技」と呼び、また、“千年も万年も、永遠に続く立派な建物になるように”と、「千歳棟!万歳棟!永々棟!」と威勢よく掛け声をかけました。

 

その後の餅まきは、雨が強くなってきたこともありリズム室で行いました。年少少組は午睡の時間帯ということもあり、クラスで話をしての活動となりましたが、年少・年中・年長組は「たくさん取るぞ!!」と目をギラギラに輝かせて参加!

お金・餅に加え年長組は特別にお菓子もまかれ、とても盛り上がった餅まきとなりました。

「まさか幼稚園で餅まきするなんて~!」という声も。なかなかできない経験を、子ども達も楽しんでくれたようです。

外でできなかったことは残念でしたが、子ども達にとっても職員にとっても、心に残る上棟式になりました!

この経験が、子ども達にとって大人になっても記憶として心に残っていたらいいなと思います。

ここまで事故無く工事が進んだことに感謝しつつ、これからの工事も安全を第一に。

引き続き、新園舎の出来上がりをみんなで見守っていきたいと思います。

 

文責:迫田(昌)

【お知らせ】新園舎工事⑧ 屋根の下地ができました!・交流そうめん流し

先々週の土日で、新園舎の屋根の下地が作られました!

つい先日足場が組まれていたのに…と、みるみる進む工事に子ども達も職員もびっくり。

また、屋根の下地ができたことで、一気に建物のできあがりのイメージが沸いた様子。

「おうちみたい!」「赤ちゃんのお部屋できてきてる!」と、子ども達もとても喜んでいました。

 

 

また、土曜日の預かり保育の給食では、工事の方を招いて一緒にそうめん流しを楽しみました。

8月のそうめん流しの際、「そうめんいいね~!」「見ていたら食べたくなってきた!」と、工事の方々が声を掛けてくださったことがきっかけで、今回のそうめん流しが計画されました!

育児講座の試食会も重なり、お母さん方も一緒に、たくさんの人数でわいわい楽しくそうめんをいただきました♪

初めはちょっぴり緊張した様子の工事のお兄さん方でしたが、近くの子どもに「何歳?」と声を掛けてくださる等、会話も楽しんでくださったようです。

 

これからも、このような機会をつくって、一緒に工事を見守っていけたらいいなと思います。

 

文責:迫田(昌)