【お知らせ】新園舎工事⑪ 子ども達がましゅまろはうすを見学!

先日、就学前健康診断でお母さん方のお迎えを待つ間に、ましゅまろはうすを子ども達と覗きに行きました。

夏休みの預かり保育中のコンクリートの流し込みにとても興味を持っていた子ども達ですが、工事が見えにくくなり、子ども達も以前ほど工事の進捗状況に対しての呟きがなくなってきたと感じていました。

何かのきっかけでまた少し興味を持ってもらえたら嬉しいなと思い、大きな重機等が入っての工事も行われておらず、静かな時間帯であったため、「ましゅまろはうす見に行ってみる?」と提案してみました。

子ども達は「行きたい!!」「えっ、いいの!?」と喜びつつも、『工事現場には入らない』という約束がしっかり頭にあるからか、「危ないんじゃない?」「入ってもいいの?」「ダメって言われないかなぁ」とちょっぴり心配そう。

「見せてくださいって相談してみよう」と伝え、安全柵をくぐってそっと工事現場へ。恐る恐る入る姿から、子ども達の緊張感が伝わってきました。

「見てもいいですか?」と尋ねると、快く「いいよ~」とお返事が!「やったぁ!」と大喜びの子ども達!

「一人でやってるの~?」(ちょうどお一人で作業されているタイミングでした)、「これなあに?」「いつぐらいにできあがるの?」と質問も沢山出てきました。

また、「木の匂いがするね~!いいにお~い♡」「ここトンネルみたい!」「あの丸い窓は赤ちゃんたちが遊ぶ窓かな…」と、呟きも沢山聞かれました。

 

珍しい工具やなかなか目にすることのなかったましゅまろはうすの今の様子に、とても興味を持っていた子ども達。

今回は年長組3名での見学となりましたが、他の学年の子ども達にも機会を見つけ、また誘ってみたいと思います!

 

外壁も整ってきました!完成予定まであと約1カ月です!!

文責:迫田(昌)