【お知らせ】新園舎工事⑩ 今のましゅまろはうすの内部は…

新園舎工事は、特注したサッシが届いていない関係で、しばらくストップしている状況です。

しかし、今週中には届くようで、大工さんを増やして工事を進めてくださるとのことです。

 

今回は、新園舎『ましゅまろはうす』の今の内部の様子をご紹介したいと思います。

入口を入ると…

 

入口を入ると、右手が0歳児の乳児室、左手奥が1歳児のほふく室、左手前が2歳児の保育室です。玄関の裏側に、沐浴コーナーを設置しています。

1歳児のほふく室が写真の右側・2歳児の保育室が左側になります

真ん中のスペースが沐浴コーナー。奥が0歳児の乳児室です。

0歳児の乳児室についている窓です。子ども達が覗くのにぴったりな形と大きさ!

 

 

また、左手の一番奥(園舎緑の階段に一番近いところ)に、アナグラが作られます。少し狭い空間が大好きな子ども達にとって、ぴったりの遊び場になりそうです。

このドームのような形の下部がアナグラになります

 

 

先述した“特注のサッシ”が入るのは高い場所にあるこの窓。この窓から、リズム室側はせんだんの木が、また、六角堂側は桜の木が見えるようになっています。

あたたかい陽の光が差し込みながら、木々の葉や枝が揺れる様子や、季節によって変わる葉の色を子ども達と眺めながら、自然を感じていきたいと思います。

この高い場所にある窓から、せんだんの木・桜の木がきれいに見えます。

 

 

木の香りが漂う空間に、職員もワクワクの気持ちが増したひと時となりました。

工事が進みましたら、また内部を紹介したいと思います。お楽しみに!

文責:迫田(昌)