うさぎ組の子どもたち

 

10月の誕生日会は、お絵かきをするチームと、園庭で遊ぶチームに分かれて過ごしました!

自分たちでやりたいことを選んで、遊ぶことを繰り返すことで、子どもたちは、自分で決めることができるようになってきているなぁと感じています。

そこで、今度はやりたいことだけではなくて、みんなで決めたことに楽しみながら取り組めるといいなぁという思いから皆で同じ活動に取り組むということも行っています。

活動は子どもたちが興味があることから取り組んでいるのですが、「しっぽ取りゲーム」や「紙コップを使っての制作」や「砂場での遊び」など環境を整えることで、子どもたちの取り組み方が変わってくるので、どのように用意したらどのように活動が発展するか予想しながら活動を進めていっています。

 

◎最近給食の後の外遊びは【砂場でしてね】と声をかけています。

砂の感覚を楽しみながら納得するまで遊んでほしい、というねらいでそのような声掛けをしました。

一日目はシャベルを出してみんなで山を作ったのですが、砂を手で触るということがあまりなかったので2日目は、シャベルは出さずに、山を作ってみました。すると、型抜きで形を作ったり、お料理をつくりはじめていました。

3日目は、シャベルも、型抜きなどのおもちゃをしまって、山をつくってみました。

「シャベルがない!」という子には「どうしたらいいかな?」と声をかけることで手で山を固めたり、はだしになって足で山を踏んでみる子がいました。

そして、子どもたちから「水を入れて固くしたい!」という声があがり、砂場と水路を何回も往復して水を運んでいました。

水を流すと「海みたい」「川みたい」「つめたくて気持ちいい!」と泥の感触を楽しんでいました。

子どもたちが砂場で砂の感覚を手で感じながら遊ぶことで脳は刺激をたくさん受けます。

好きな遊びばかりをするのではなく、いろいろな感覚を感じられるような環境を作っていくことの大切さを感じました。

成長の土台部分、根っこの部分である、感覚遊びをすることも大切にしていきたいと考えています。

給食紹介*「むかご」の収穫

駐車場のすみに、ひっそりと「むかご」が実をつけていました。「山芋の実」です。昨日の夕方、年長さんを2人誘ってむかご採りをしました。実は私も調理するのは初めてで、収穫後、タブレットでレシピを検索。揚げるのがいいかな~と思いましたが2人が選んだのは味噌和えでした。渋いです!今朝は誕生会もあったので、登園した2人とさっそく調理。何度も何度もすすいできれいにしたむかごを土の上にひっくり返すというアクシデントも乗り越え、無事むかごはお鍋の中へ。

茹であがったむかごを味見する時は「どんな味なんだろう…」と3人で少しドキドキしながら口に入れました。味は芋そのもの!大きい実も皮ごと食べられました。甘味噌を作り混ぜて、もう一度試食。「あっ味噌を付けた方がおいしい!」「今度は揚げてみたいな」と言っていました。また実をつけるかな?そら組の男の子たちも今度は自分たちもむかごを料理したい!と意欲を見せてくれました。

最近、朝になるとなたおれの木に柿が吊るしてあることがあります。いち早く気が付くのは、そら組とうさぎ組。園庭の柿の木にも実がいくつか実り始めています。最初に気づいて口にするのは誰でしょうか。楽しくて美味しい、実りの秋がやってきましたね。

今週のたんぽぽ組

少しずつさむくなってきましたが、元気いっぱいのたんぽぽ組さんです★

先週はお誕生会❣️10月生まれのお友達はみんなの前で「大きくなったら」という夢を理由と一緒に元気に発表してくれました😊

また、なんとなたおれの木に柿の実が(O_O)

必死に『どうしたらとれるかな・・・』と考えて、考えて・・・『そうだ!これにのればとれるかも!』とベンチを近づけて、見事に柿をゲットしたたんぽぽ組さん(^_^)給食の先生にむいていただいておいしくいただきました🤗

そして、今日はいい天気❗️

せっかくなので、久しぶりのお散歩⭐️ 御召覧公園まで歩いて行きました。途中で、JAごしょらんに立寄り、野菜や苗、お花を見たり、公園のイチョウの木の銀杏の実を匂ってみたり(笑) 公園ではアスレチックをおおいに楽しみました😊 北部保健センター前のサボテンに赤い実がなることを福永先生に教えてもらい、ビックリしました‼️ 秋の風景にも触れたくさん遊べた1日でした☺️

くるみ組の子ども達(年少少)

今週は糊遊びをしました。花紙を一枚ずつ破いて糊で画用紙に貼っていきました。まず花紙をいっぱい破いて体全体を使って遊びました。色画用紙や折り紙とは違う新感覚でした。触り心地が良かったみたいで子ども達は積極的に触れていました。

手に着いた糊が乾いてきて、後半少し嫌がる子どももいましたが全員が嫌がることなく糊を触ることができていました。自分たちで頑張って作った作品、子ども達はとても満足気でした(*^^*)

砂場では誕生会で一度ケーキを作ってから、友達とケーキを作ることが流行っています。年少少ですが、玩具や三輪車も言葉で上手に貸し借りしています。やり取りの経験を積むことでこちらが伝えなくても、相手の気持ちを子ども自らが考えているようです。

暑い日は時々水遊びもしていました。虫かごに水を入れて横から見てみたり、バシャバシャ水を飛ばしてみたり水の感覚を楽しんでいました。

年長組♬ 農作業体験(さつまいもの収穫)をしました!

吉野地区野菜連さんよりお誘いいただき、農作業体験(サツマイモ収穫)へいきました。今回の農作業体験を通して農業に関する関心を高め、都市と農村の交流を深めようという目的だそうです。吉田インター近くの團場へは園バスと貸し切りバスを利用していきました。到着するとたくさんの農家と野菜連の方々がが迎えてくださいました。

早速芋のうねに行き自分たちで芋堀りを始めましたが、土が固く手ではなかなか掘れないので、スコップを借りて掘ったり、友達と協力したり、農家の方に手伝ってもらったりしながらたくさんの大きなサツマイモが収穫できました。子ども達は汚れるのも気にせず夢中で掘っては「先生~見てみて!大きな芋がとれた~!」と大喜びでした。収穫した芋はお土産として1人2個づつ持ち帰り、残った芋は幼稚園でクッキングに使うことになりました。スイートポテト・芋の天ぷら・芋ご飯・たき火で焼き芋など作りたいものがたくさんあるようで帰りのバスの中ではその話で持ちきりでした。

今回の収穫体験を通して子どもたち自身が、これからも農家の方への感謝の気持ちを持ったり食べ物を大切にしようとしたりする気持ちが持てるように今後も働きかけていきたいと思います。

 

 

ぱんだ組(年少)

朝晩冷え込む季節になってきました。≪早寝・早起き・朝ごはん≫を心掛け、生活のリズムに気をつけながら過ごしていきたいですね。

10月もよくリズムや園庭等で思いきり身体を動かし、時間いっぱい遊び込む子ども達★日々、心も身体も大きく成長しているように感じます。

次回は、10月の子ども達の生き生きとした活動の様子をお伝えしたいと思います。

1 / 712345...最後 »