たんぽぽ組の子ども達♪

たんぽぽ組の子ども達がブルーベリーの木に集結!!

ブルーベリー集めが始まっていました!

袋に沢山入れて、そこに水を入れて色水にならないか実験してみる子どももいました☆

他にものはら園にはどんぐりが沢山落ちていて、拾っては宝物のようにぎゅっと握りしめ嬉しそうにし、秋の自然を感じながら楽しんでいました!

 

みんな大好き!わらべうたの【だるまさん】

鬼を決め、鬼にタッチされたらだるまさんになります!追いかける鬼役も逃げる子ども達もだるまさんによけながら走らなければいけません。

子どもたちは、上手によけて逃げたり追いかけたりしていてとても上手♪

普段は走れないリズム室で思いっきり走って楽しみました(*^▽^*)

園庭遊びも活発に遊ぶ子ども達!

『タイヤ転がししようよ!よ~いドン!』と運動会でしたのを思い出しタイヤ転がしを楽しんだり、

太鼓橋では、『先生!見ててよ』と同時にできるようになったことをお披露目!

『これね、カメだよ!』と教えてくれました!

 

火曜日にそらぐみさんから段ボールで作った車をもらいました!

『え!これって僕たち乗れるの?』『乗っていいの?』と目を輝かせ大喜び☆

それを見ていたそらぐみさんもにっこり微笑み、嬉しそうでした!

 

先週からたんぽぽぐみでもインフルエンザが流行っています!

手洗い・うがいと水分補給に努め、園でも十分に気をつけているところです!

元気に過ごせるよう、引き続き気をつけていきたいです!

 

今週のぱんだ組

10月2日は観劇会でした。大きな人形や、照明・音楽の演出にドキドキする場面もありましたが、終始笑顔で真剣に見ていた子ども達。そのまなざしがとてもかっこよかったです☆

 

 

 

 

降園時間の前に『にんじん だんこん ごぼう』の絵本の中に出てきたお風呂がきっかけとなり、お風呂作りへ。「どうしたらお風呂を作れるかな?」「何がお水に見えるかな?」と考え、段ボールを風呂タブ、スズランテープ・紙テープを入浴剤や水に見立てた子ども達。ザッブーンとみんなで大きなお風呂に入っています♡

 

そしてプラフォーミングを車や新幹線、馬に見立てて乗っている姿も。子ども達の想像力には感心させられる日々です。

 

 

現在、園ではインフルエンザなどの感染症が流行中です。これからも手洗い、うがいなどに心掛けて予防していきたいと思います。

こすもす組の子どもたち

いつも元気なこすもす組の子どもたちはいろいろな遊びに興味を持っています。

プラフォーミング遊び・トミカ・童具(積み木)・観劇会(劇団バク)・ざりがに釣り・折り紙などなど…

今までの経験を活かしながら、新たな発想で遊んでいます。

遊びの内容が発展すればするほど、私たち保育者に対する要求も多くなってきます。

『こんな材料が欲しい』『もっと机を出してください』『広い場所(リズム室)で遊びたい』『○○のことを調べたい』など。

私たちも子どもたちの様子を見ながら、環境を整えられるようにしています。

 

 

 

 

 

 

子どもたちは何日も同じ遊びに夢中になり様々なことに気づいていきます。

同じように遊んでいるようでも少しずつ変化が見られます。その変化を見逃さず、子どもたちの遊びが広がっていくようにしていきます。

【お知らせ】入園説明会 延期のお知らせ

先週より、インフルエンザを含め、感染症の発症が増えております。

また、週末に台風も接近していることから、説明会を延期いたします。

急な、変更で申し訳ありません。ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

説明会 日程 (変更後)

19日 受付15:10 説明会15:30

20日 受付10:40 説明会11:00

24日 受付14:40 説明会15:00   (説明会は1時間程度です。)

 

 

 

意思疎通とかコミュニケーション 原田尚人(副園長)

数ヶ月前、職員室に、毎日のように訪問者がやってくるという話を

園のたよりに書きました。そして、今回、ブログの順番がきました。

幼稚園で勤務するようになり、今まで以上にいろいろな方とお話する

機会が増えました。お話する機会が増えて、更に感じることがあります。

「話することは、やはり大切なこと。」

「話から、学ぶことが多い。」

 

以前の勤務先でスタッフから相談を受けました。

「お客さんとコミュニケーションが取れなくて・・・・上手に話が

出来ません。どのようにすれば・・・・。」

すかさず先輩スタッフが、

「まず・・・傾聴とか、ペーシングとか、オウム返しの方法とか、メラビアンの法則とか ・・」と答えていました。

すごい技術をもっているな~と、尊敬しつつも、質問した本人は、わかったようなわからないような雰囲気。

先輩は、満足気。

これが答えだよなと、聞きながら自分の答えを思い、話ししました。

わたしのアドバイスは、2つ。

ひとつは、専門用語はやめよう。とくに、カタカナ語と漢字を多用する単語。

ふたつに、話の切り出しは、「あいさつでしょ。できれば、2つ。」と。

その当時、ある、ファストフードの会社が、2つのあいさつをつなげて使い始めました。

「いらっしゃいませ、こんにちは・・・」と。

なんと斬新な(いまでは、その斬新さも薄れましたが。)すごいあいさつだと。

はなしを切り出すきっかけと考えると、むつかしく感じます。まずは、あいさつで切り出そうという事です。

あいさつの言葉と、もう一言添える事が出来たらきっと会話は、始まる。

20数年前、鹿児島のバス会社の車内放送で覚えている言葉があります。

「あいさつは、こころと心を結ぶ橋、おはよう、こんにちわから始めましょう。」

おもえば、今の状況を予想していたのかと思わせる良い助言。あえて、私は、もう一言加えます。

「あいさつは、こころと心を結ぶ橋。おはよう、こんにちわ、ありがとうから、始めましょう。」

 

今日も、たくさんの「おはようございます」から、いっぱいの会話が生まれ、活き活きとした

幼稚園でありたいと思いつつ、ひとりひとりとお話していきます。

 

文:原田なおと(副園長)

 

かごしまのことば

「おやっとさぁ~」というあいさつ、万能かもしれない。

 

 

 

今週のにじ組

今週も、沢山遊んだ子ども達!

月曜日は、「昨日、小学校の運動会に行ったよ!」と、日曜日に行われた各小学校の運動会を楽しんだ話も沢山聞かれました。

見るだけではなく、未就学児競技に参加した子どももいたようです(*^▽^*)

就学を楽しみにするとともに、地域とのつながりは10の姿にもある「社会生活との関わり」にもつながるものがあると考えられます。

もう少し気候が良くなってきたら、小学校への散歩にも出掛けてみたいと思います♪

 

10月になりました。

先日は観劇会も行われました。最初から鑑賞した子、途中から鑑賞した子それぞれでしたが、最終的にはにじ組全員が観劇会に参加しました。

ちょっと怖くてドキドキしたり、面白くて笑ったり。お話の世界を楽しみました。

帰りのサークルタイムで、「どんな話だった?」と尋ねると、身振り手振りをしたり、声の大きさを変えたりしながら一生懸命に伝えてくれました★

自分が経験したことを人に伝えることはとても難しいことですが、少しずつ小さい集団から経験をしながら、伝える楽しさを感じたり、相手に共感したりしていきたいと思います。

 

 

今日は、地区別の幼・保・小連携ブロック研修会が行われました。

毎年行われているこの研修会は、その年の代表園と代表校が、それぞれ公開保育・公開授業を行います。

今年度は錦ヶ丘が公開保育担当園ということで、吉野地区の幼稚園・保育園・小学校の先生方が保育参観にいらっしゃいました。

子ども達は、数日前から「小学校の先生が来る!!」とちょっぴりドキドキ、わくわく。

沢山の先生方に見られて、子ども達頑張りました!!

今後も就学に向けて、小学校と連携を図っていきたいと思います。

 

 

給食紹介*紫蘇の実ふりかけ

いつの間にか立派になっていた紫蘇は、いつも園庭を整備してくれるF先生が植えてくれたものでした。紫蘇の実でふりかけ作りしてみない?と募ったところ、そら組さんが入れ替わり立ち替わり、紫蘇の実をむしってくれました。「しそのいい匂い~!」「手が黒くなった!」「これ生で食べられる?」など盛り上がり。中でも紫蘇の実採りにはまったのは女の子4人組でした!紫蘇の実をむしる時のプチプチプチ!という感覚がなんとも気持ちよく、くせになった様子。「永遠にやっていられる~」「わかる~」との会話には、みんなで思わず笑ってしまいました。

少し砂が付いているかもね、というと「洗った方がいいね」と子ども達。ザルとボウルを渡して様子を見ていると、小さな紫蘇の実をどうやったらこぼさず洗えるかしばらく考えていましたが、少しずつ、こうしたら、ああしたら、と意見が出し合い、結局ザルに実を移しボウルを下に置くことに決まったようです。職員が何も言わなくても、交代ずつ洗う事や10回混ぜたら交代、など自分たちでルールを決めていく姿に成長を感じた場面でした。

火を使うことにも随分慣れてきました。きび糖や醤油の量も自分たちで決めてもらおうかと思ったのですが、まずは子ども達にとって初めての食材、紫蘇の実って美味しいんだ!と感じてもらうため私が味の微調整はさせていただきました。でも、仕上がりを味見すると、なんとなくあと一押し欲しいかんじ。そこで子ども達にも味見をしてもらい、一緒に考えてゴマを入れることに。紫蘇にばっちり合っていて4人も大満足の仕上がりになりました!

普段あまりクッキングに参加していなかった子も、「クッキングが楽しくなってきた!」と嬉しい反応。

まだ園庭にたくさん残っていますので、また違う学年の子ども達も誘ってみたいです。

今週はおやつのツイストパンをあえて大きく作って、そのままの形で子ども達に提供してみることにしました。年少さんの様子を見ていると、「えっ?」と驚いて栄養士を喜ばせたあと、このくらい食べる、と自分で大きさを指定していたりして、たまにはこんな提供の仕方もいいなと思いました。

うさぎ組の子どもたち

 

〇手を洗い、消毒をしてからサラダづくりをしました。今までの料理をしてきた体験から缶詰を開けた後に「いれるものがないなぁ」とつぶやくと「ボウルがいる!」と給食室に行き持ってきてくれる子どもがいました。

〇缶切りを使ってみた子がいるのかなぁ?と思い、使い方を伝えずやってみて、というとかんかんとうちつける子もいましたが、使い方を知っている子がいて、園子のやりかたをじっとみて真似していました。ほかの子どもがしている姿を見ながら真似して「学ぶ」んでいるなぁと感じました。

〇どれくらい材料がいる?と給食室の先生に聞かれると迷いなく「全部!」と答えていました。たくさんつくるとたくさん食べることができると考えたのでしょうか?切るのは一人ずつ交代しながら切りました。

〇9/30のカフェに、たくさんの参加をいただきまして、ありがとうございました。昼食の時のおなかが減った子から食べる、という流れに驚いている保護者のかたもいらっしゃいました。

子どもたちが自分のおなかが減ったタイミングで「自分で食べる」という能動的な姿を見ていただくことができてよかったと感じています。

〇着ぐるみの人形劇、怖いと感じる子どももいるかもしれないのと考え【室内で遊ぶ】か【人形劇を見に行く】かを自分で決めて過ごしました。

人形劇をしていることはみんなに伝えたので、リズム室まで行ってそーっとのぞいてみる子もいました。

入ってみる?と誘ってみましたが「こわーい」とうさぎ組に戻り、自分の好きな遊びを続けていました。

自分で選ぶという経験を重ねてやってみたいことを選び決めて、能動的に活動していける子どもになるといいなぁと考えています!

たんぽぽ組の様子(*^^*)♪

【考える森 どんぐり拾い】

先月の考える森への園外保育では、吉野中まで歩いていきました!途中、疲れが出る子ども達でしたが、中学校に着いたら疲れなんて吹っ飛んで、

考える森でどんぐり拾いを思い思いに楽しみました!全員転ばず最後まで歩いて行けたことも成長を感じました♪

ご家庭でままごと遊びに使ったり、トトロを作ったり、マラカスを作ったりと楽しんだ様で季節を感じれた園外保育になりました(^^

【どんなことがしたい??】

全体での発表会の話し合いをする前から踊ったり、バトンに挑戦したりしながら遊んでいて、その遊びの中で『バトンをしながら踊ってみたらいいんじゃない?』『振りを考えよう!』『衣装を作りたい』と少しずつイメージを膨らませている様子の子ども達!

1回目の話し合いで子ども達にどんなことをしたいのか一人ひとりに聞いてみると、思っていた以上にそれぞれしっかり考えをもっていて、驚かされました!

ほとんどの子ども達が『踊りたい!』と話す中で数名からは新たな意見が!!

『段ボールを使ってなにかしたいな!』

『折り紙でも何かできないかな?』

その2つの意見からその翌日、『段ボールあそび』と『折り紙あそび』2つのグループに分かれて遊びました。

個人で作って遊ぶ子どももいれば、段ボールをおさえる人、テープを貼る人と友達と協力し合って作っている子、折り紙の折り方を教え合って作っている子と

それぞれが様々な形で製作を楽しんでおり、

折り紙では『四つ葉のクローバー』や『バッタ』『カエルにオットセイ』『ふね』等、

段ボールでは『クルマ』『レジ』『おうち』等

色々な作品が出来上がっていました!

自分達が作ったものをサークルタイムで発表をして、自分で作った作品を友達や先生に認めてもらえて嬉しそうでした☆

子ども達の興味・関心をしっかり拾い上げ、きっかけ作りも大切にしながら発表会に繋がっていけたらなと思います☆

【観劇会】

本日の観劇会、みんなで鑑賞し、笑ったり、ちょっぴりこわがったりしながら楽しみました(^^

 

 

今週のくるみ組(年少少)

今週も戸外遊びや室内遊びをしました。

 

室内遊びの様子です。積木コーナーでは友達と協力して高く積み上げようとする姿や横に長くつなげていき道路を作り、ミニカーを走らせる姿が見られました。友達と工夫し、みんなでアイデアを生み出すことで遊びがどんどん発展しています(*^^*)

戸外ではアスレチックに挑戦していました。1学期よりも腕の力が強くなっていて上手に体を使って登っていました。他にも、登ろうとする友達を「がんばれー!」と一生懸命応援する姿が見られました!(^^)!

砂遊びでは最初2人で遊んでいたのがだんだんと子ども達が増えてきて数名で砂遊びをする様子が見られました。「キャンプごっこ!」と言ってイメージを共有していました。

 

最近、のはら園にどんぐりが落ちていることを子ども達が気づいて拾っています。「見てみてー!どんぐりだよ!」とたくさん拾っていました( *´艸`)

 

そして今日は観劇会がありました。『田舎のねずみと街のねずみ』という話を見ました。夢中になって劇を見て、真似をしていました。終了後は「ミッキーがいたね~」「猫怖かったね~」と友達と感想を伝え合っていました(*^^*)