たのしいひなまつり♬(たんぽぽ組)

3月2日 折り紙でひなまつり製作をしました!

今回は、子ども達がどのくらい折り紙を折れるのか私達が『一人一人しっかり見たい』ということと『苦手意識から折り紙遊びを普段していない子ども達の遊びの広がり、経験してみての自信につながれば』という2つの意図を持ってみんなで活動を楽しみました★

まずはおひなさまとおだいりさまを折りました!

折り方を聞きながら折れる子ども、苦手な子どもといましたが、『こう?』『ここはどうするの?』と聞きながら教え合いながら折り、完成するとみんな『出来た!』と大喜び!

その後にリズム室に飾ってあるひな人形を見に行き、実際に目で見てイメージを膨らませ、部屋に戻って台紙に貼って飾り付け!

色々な柄の折り紙を用意して使いたい材料を自分達で選び、おだいりさまの持っているしゃくを作る子ども、おひなさまの持っている扇や冠を作る子ども、そして『お花が飾ってあったよ!』と花を飾る子どもやぼんぼりを作る子ども等とみんなそれぞれが思い思いにイメージした飾り付けを楽しんでいました!

先生が全て決めた作り方ではなく、一人一人の個性を大切にした製作ができ楽しい活動となりました。

そしてその翌日も登園してくるなりすぐまたおひなさまを折って遊ぶ子ども達がいました!

折り方を覚えた嬉しさ、自信、楽しさから継続した遊びに繋がっていました!

これは以前まで行っていた教師が決めた一斉保育ではなかなか見られない姿だな!と改めて感じられました!

やってみて楽しかった気持ちや自分で考えて作り完成した達成感などから自信に繋がり、『またやってみたい!』と感じたのかな?と嬉しくなりました!

これからも自主性、主体性を大事にした保育を子ども達と楽しんでいきたいです!

今週のくるみ組(年少少)

3月になり、いよいよ子ども達も進級へと向けてくるみ組を巣だっていくのだと思うと、その成長が嬉しくもあり、なんだか寂しい気持ちにもなったり…

コロナウイルスに負けず、元気に残りのくるみ組での生活を楽しんいけたらと思います。

今週は、のはら園の橋渡りにみんなで挑戦してみました。恐る恐る、腰をかがめて少しずつ進む子もいれば、カニさん歩きで進む子、両手を広げて、バランスをとりながら歩く子ども、それぞれの一生懸命な姿を見せてくれました。小さな子ども達にとっては、この小さな橋を渡るのも勇気が必要ですが、子ども同士で、「頑張れ!!」と応援しており、この年齢にして、この子ども達の深い絆に感心しました。

何度も何度も挑戦する子ども達、回を重ねてあっというまにトコトコと渡れるようになりました。

子ども達の関わり合いのの深さは、日頃の戸外遊びでも見られます。一人遊びや、2、3人の友達との遊びから、5人、6人でイメージを共有する遊び(ごっこ遊び)を展開しています。

「あそこに、悪者がいるぞ。よし、探しにいこう」「おばけも来たぞ!」「早く逃げて!」と園庭を駆け回り、遊具に隠れたり、乗り物に見立てたりして楽しんでいます。

待ちに待った待ったー、3月生まれの誕生会が行われました!Yちゃんもやっと、みんなの前で発表することができ、とても嬉しそうでした。Yちゃんは、最近おしゃべりが上手になり、マイクを向けると、しっかりと答えてくれました。

年長組 3月誕生会♪

今日はまちにまった3月生まれの子ども達の誕生日会でした!どの子も嬉しそうな表情で舞台裏でスタンバイしていました!自己紹介も恥ずかしそうにしながらも自信を持って言えていました!

誕生会の後は誕生児リクエストの遊び!かくれんぼや鬼ごっこ・しっぽ取りを保護者の皆様と一緒に時間いっぱい楽しんでいました♪

ぱんだ組(年少)

先週の子ども達の様子です☆

「早く暑くなってほしい!」「水遊びしたいよー!」と春を通り越して夏を待ちわびている子ども達でした☀

 

外での自由遊びはもちろんですが、感覚遊びや廃材を使った製作遊びなどにも、ぱんだ組の子ども達は興味を持ち、楽しみにしているようです。

 

明日はひなまつり。楽しい一日になりますように★

3 / 3123