今日は一人で遊びたい!(うさぎ組)

2学期に入り、園生活に自信をもち始めた子どもたちは、戸外で自分の好きな遊びを存分に楽しむ姿があります。

今回は、参観週間に来てくださった保護者の方からご相談がありましたひとり遊びについて、うさぎ組であったエピソードをもとにお伝えできたらと思います。

 


A君とB君は2学期に入り、登園してくると声を掛け合い一緒に遊ぶ姿がありました。

いつものように、A君が「一緒に遊ぼう!」と声を掛ける様子はありますが、なぜかお互いとても困っている表情でした。

そこで、2人に話を聞くと

A君:「B君が僕と遊んでくれない。」

保育教諭: 「どうして一緒に遊びたくなかった?」

B君:「今日は、1人で遊びたかった」と返事が返ってきました。

 

この時、B君はA君と遊びたくないという感情ではなく、“いま僕は、この遊びがやりたい”という姿が見られたのだと感じました。

その後、B君の1人で遊びたいという気持ちとA君の一緒に遊びたかったという気持ちを受容。一度しっかり受け止めることでお互い違う遊びを楽しむ様子がありました。

 

 

最近、保護者の方から、

「他の友達と関わる事が出来ていないのではないか。」

「友達と遊ぶことができているか心配です。」

と、ご相談を受けることがあります。

錦ヶ丘の推薦図書でもあります『世界基準の幼稚園~6歳までにリーダーシップは磨かれる~(著者 橋井健司さん)』には一人で黙々と遊んだ子どもには自然と魅力が備わる。3〜4歳の子どもはまだ「一人遊び」でいいといった記載があります。

 

もちろん、保育教諭も友達と遊ぶ楽しさを知って欲しいという思いはありますが今年度初めに年少職員で話し合って立てた年間の保育のテーマである「自分らしさを見つけよう!〜あそんで・わらって・たのしんで〜」とあるように、年少という発達年齢を考えたときに、今大切にしたいのは自分の好きな遊びを見つけ、思う存分遊び込むことです。


 

自分の好きな遊びを充実させたり、満足できたりするからこそ周りの友達へ興味を持ち、遊びが広がってくるものだと思います。

うさぎ組では、仲のいい友達と遊ぶ姿もあれば今日はこの遊びをしたいと一人でじっくり遊びこむ姿もあります。

どちらの姿も、3歳児には大切な経験であるため、見守りながら大切にしたいと考えています。

 

文責:武田

人とのかかわりの中で(ぱんだ組)

今月も子ども達と運動遊びや秋の自然に触れた遊び、童具やダンボール遊び等、子どもの興味・関心に合わせて色々な遊びを展開させ、楽しみました。遊びの中でルールのある遊びや友だちと協力して取り組む遊びを行い、その活動が、10の姿の【協同性】に繋がり、子どもの成長、新たな一面を見ることが出来ました。

今回、2つの活動の様子から子どもの姿について伝えていきたいと思います。

 

 

【運動遊び】


『プラフォーミングを運んで友だちにバトンタッチする』という、簡単なルールのあるリレー遊びをしました。

まずは一人で運びます。

最初は、慎重に。コツを掴むと走って次の友だちにバトンタッチ。

少しずつ競争心が芽生える子どもの姿も見られました。走ることの楽しさも感じることが出来ています。

次に2人組を作り、プラフォーミングが落ちないよう協力して運びます。

2人で「せーの!」と声を揃えて持ち上げるペアや、どうやったら落ちないか考えて運ぶペアもいて同じ目的意識を持ちそれに向かって達成しようとする姿(協同性)が見られると感じました。

 

 

【童具遊び】


個の遊びを思い思いに楽しむ中で、友だちと一緒に作ってみようとする姿も見られるようになってきました。

その様子からグループを作り、同じグループの友だちと物を共有して、一つのものを作っていく遊びを行ってみました。

 

「ここは僕の」「壊さないで」と考えや思いがぶつかり、それぞれで楽しむグループもありました。

しかし、遊びの場を共有していく中で、少しずつ会話が生まれ、「一緒に作ろう」との声も聞こえてきました。

『友だちと一緒に遊ぶ楽しさ』『一緒に作り上げた達成感』を感じることができていたように思います。

それは、自分の思うようにいかない経験もしながら相手の気持ちにも気づき、自分が作った作品が友だちのと繋がり、よりイメージを膨らませて遊びが広がっていく楽しさを感じたこその姿かなと感じています。

 

 

2つの活動を行う中での子どもの姿から、友達同士の信頼関係が共感したり相手を思いやったりする関係性に繋がったり、遊びの場やルールを共有することを通して他者と関わって遊ぶ面白さや楽しさを知ったりすることが、『人と関わる力の育ち』に結びつくなと感じました。

これが10の姿の【協同性】【言葉による伝え合い】【思考力の芽生え】【豊かな感性と表現】にも繋がっていきます。

 

これからも子どものやりたい遊びに寄り添う中で様々な活動を経験し、展開させていきながら10の姿に基づく保育を考え、子どもの育ちを見守っていきたいです。

 

文責 若松

思いを伝えたい気持ち(ぱんだ組)

 

最近、子ども達は話し始めると止まらないくらい、話をすることに夢中です。これも嬉しい成長の1つですね。

 

 

こども園では年間指導計画・月・週・日目標(ねらい)を考え計画を立てて保育を行っています。

今月の年少組は、

『戸外遊びを通して秋の自然物(落ち葉や木の実等)に興味を持ち、遊びに取り入れる』

『自分なりの言葉で思いを相手に伝えようとする』 をねらいとして取り組んできました。

 

 

ブログでもよくお伝えしていますが、10月ものはら園で散策を楽しむ中で“こなら”の木の辺りでどんぐりを見つけた子ども達。

その後、「今度、どんぐりごまを作りたい」「色を塗ってみたい」とどんぐりを使ってしてみたい遊びが次々と出てきました。

 

そこで、近くの公園まで歩いて落ち葉やどんぐりを見つけに行くことになりました。

園外に出掛けるのは今回が初めてであり、歩道を歩いたり車や信号を確認しながら横断歩道を渡ったりする経験は、子ども達の中で印象深く残った出来事だったようです。

 

そして、早速公園で見つけたものを使って、色を塗って遊びました。ドングリだけではなく、落ち葉を手に取って葉っぱ全体へと色を塗る様子も見られましたので引き続き「やってみようかな」と手に取って遊べる環境と子ども達の考え(アイデア)をもとに遊びの連続性(つながり)を考え、今後も発展させながら保育をしていきたいと思います。

《10の姿》【社会生活と関わり・自然との関わり・生命尊重・言葉による伝え合い】

さて、どんぐりの話でも子ども達との言葉による伝え合いの中で「色を塗りたいってみたい」等が話の中で出てきたとお伝えしましたが、私自身が子ども達と話をする時にいつも心掛けているのは《子ども達の思いに向き合う》です。もちろん全て気持ちに寄り添って受容するのではなく、まずは子ども達がどんなことを伝えたいのか考えるようにしています。

私は、言葉で自分の思いを伝えることは大人になっても難しいと感じます。なので子ども達にまずは『話をしたい』と思う気持ちを持ってほしいと考えます。少しずつ子ども達に「話すことって楽しいな♪」と「今度は△△の話を聞いてもらいたい!」と次に繋がるようなきっかけでありたいと思っています。

 

きっとこれから「一緒に遊びたい、仲間に入りたいけどどうしたらいいのかな…」「私はこうしたいんだけどな…」等と思うようにいかず子ども達なりに悩む日も出てくると思います。その時は、子ども達の話を聞いたり傍で様子を見守りながら一緒に考え、子ども達自身がこうしてみようかなと自分と向き合えるようにし、一人ひとりの成長を応援していきたいと思っています。

 

これからも伝える“話をする”楽しさや喜びを知り、少しずつ話を聞くことも生きる力を培う子ども達にとって今、大切なことであると気づくことができるような関わりや環境作りに努めていきたいと思います。

《10の姿》【言葉による伝え合い・自立心・思考力の芽生え】         

 

文責:幸泉

お散歩デビュー(くるみ組)

先週のブログ で子どもたちの秋の自然物に興味を持つ姿をお伝えしました。

もっと自然物への興味を広げたいという思いや大人の声が1回で届く子どもたちの様子も見られてきたので、先々週からお散歩に出かけています。

安全面を考慮して、1回のお散歩に6、7名の子どもたちに職員2名もしくは3名がついて行くようにしています。

コースはタイヨー吉野中央店の横の小道を通ったところです。

並んでいざ出発!と言いたいところですが、まだまだ並んでは難しいですよね。ということで、お散歩ロープを使って行きました。

保育中のお散歩にはねらいがたくさんです。お散歩のねらいと子どもたちの様子と合わせてお伝えしていきます。

 

 

1.【友達とより楽しく遊ぶための決まりがあることがわかる】(道徳性・規範意識の芽生)


お散歩中の街の様子から子どもたちは交通ルールを学びます。

赤信号の時は止まる、青の時に渡る。横断歩道は左右を確認してから手を挙げて渡ることができました。

 

2.【友達との関わりを通して、互いの思いや考えを分かち合う】(協同性)


お散歩は集団行動です。子どもたちは「ゆっくり歩いたら後ろの人が困っちゃうな、前の人と離れすぎないようにしよう」など考える協調性が身につきます。

 

3.【地域の人と関わることで、子どもに必要な社会性が育まれます】(社会性との関わり)


道路ですれ違う地域の方に「こんにちはー!」とあいさつができました。

歩いていると畑仕事をしているおじちゃんに会いました。

子どもたち「何しているのー?」

おじちゃん「空豆を植えているよー!コスモスを持って帰っていいよー!」

子どもたち「ありがとう!」

優しいおじちゃんにも出会えてこんなやりとりもありましたよ。

 

4.【自然に触れて感動する体験を通して、自然の変化などを感じる】(自然との関わり・生命尊重)


いよいよ到着しました。「ドングリあったよー!」

「これなんだろう?」(猫じゃらしやハルジオンを見つけました!)

「ドングリ入れたらいい音する!」(紙コップバックにドングリを入れた時の呟きでした。)

この石きれいだよー!

色んな宝物を見つけ子どもたちも大満足でした。

こども園に帰ってくると、お帰りー!とお留守番の子どもたちや職員に迎えられ、長い距離を歩いた達成感から誇らしげな子どもたち。その後の給食はいつも以上におかわりが多かったです。お昼寝もぐっすりでした。

みんなでお散歩に行くと、普段見られない植物や木の実、じっくり聞かない音、近くに住んでいる地域の方に出会うことがあります。もしかしたらあの場所に行ったら発見できるかもしれない!困ったらここにいけば助けてくれるかもしれない!など、子どもたちがこれから成長して行く中で、このような柔軟な考えやひらめきができるようになってほしいというねらいも持ってお散歩の活動をしています。

 

文責:福元

運動遊び⭐️こんな事できるようになったよ!(うさぎ組)

先日、年長・年中組の運動会が終わりましたが、年少組は10月5日から行われた新入園児対象の参観週間で、運動会ごっこを兼ねた運動遊びを中心に活動しました!

入園、進級して半年が経とうとしていますが、4月から比べると、だいぶ体力がつき、戸外遊びでの集中力が長くなってきたように感じます。 園庭でも年長児の鬼ごっこの様子を見て、走り出す子どももちらほら…。

 

そんな姿を見て、何気なく園庭に線を引いてみると、「せんせ〜、はしりたい❗️」と声があがりました。

「え、ヨーイドン?」と聞くと、

「そうだよ!」と返ってきたので、それなら…

「いちについて。 ピ! ヨーイドン!」   ※「ピ」は気をつけの事です。

と、かけっこをするようになりました。順位は関係なく楽しんで走るので、何回も挑戦していました!

 

また、アスレチックにも挑戦し、綱をしっかり握り、登り切る姿に担任は感動🥺

「登れな〜い!」と言っていた子どもも諦めず、何度も挑戦し、登れるようになった子どももたくさんいます。

 

細〜い一本橋も

子ども達がどんどん動きが活発になり、身体を動かす楽しさが感じられます。

皆の「できた‼️」という達成感を感じた表情、何とも言えません♪  今は「できた」喜びを一緒に共有し、身体を動かす楽しさを身につけていってほしいと思います。

できるようになった事が増えた子ども達は、今度は年長、年中の運動会の様子を見て、憧れているようです。

「こんどはバルーンをやってみたい!」

と、次の活動への意欲に繋がった運動遊びでした⭐️

 

文責:桑元

 

まねっこ上手なれんげ組(0歳児 れんげ組)

いろいろな物、人の真似をしながら、好奇心旺盛なれんげ組の子どもたち。大好きな園庭に出ると自分の好きな場所、目的地に一目散に向かいます。

出かける方法は、独歩やハイハイ、高這いなど多種多様。それぞれが一生懸命に向かう姿は最近の成長の一つで私たちも微笑ましく感じています。

 

目的地に向かう途中でふと目に入る他学年の子供たちの遊びがとてもキラキラした興味深い遊びに見えるようで、様々な遊びに目や心を奪われるシーンをよく目にします。自分もしたい!という気持ちが芽生え始め、日々チャレンジしています。

 

その一つが築山登りです。

上の写真は、独歩でスイスイ登っていく周りの子どもたちに触発され、高這いで登っている姿です。

しっかりと地面に手足を踏ん張り、後退りしても近くにいる保育者を一切見ずそして頼らず、目的地まで行く事ができました。ついこの前までは保育者に手を伸ばして諦めていた事が自分で出来た事で自信となり、またやってみたい!いろいろな事にチャレンジしたい!という気持ちが育ってきています。今まで見たことも無いような真剣な表情、そして近くで見ている保育者にも目もくれない集中力の凄さを感じた瞬間でした。

 

 

保育をする上で私たちが大切に思っていることは、それぞれ好きな遊びに行くことが出来るようにまずは保育者という安全基地をしっかり作ることです。

ご家庭では保護者の方々が安全基地となり不安な時、悲しい時、嬉しい時いかなる時にも受け止め、毎日園に送り出して頂いています。そうした心のよりどころを、園では私たちが担っていけるよう心掛けています。

私たちの手を離れそれぞれ好きな場所に遊びに向かう姿を見ると、安心して遊べているなと実感出来る時でもあります。

 

 

 

そしてもう一つの遊びは、砂場や太陽のモニュメント(水路から流れ出た水が溜まる場所)近くで、ここ1ヶ月前からじょうろをつかっての水遊びも始まっています。

見様見真似で、水溜りにじょうろを置く→つける→そして偶然にも入った水に喜び遊ぶといった流れで少しずつ仕組みがわかりはじめ、道具の使い方も真似をしながら覚えていきます。

 

つい最近の出来事では、大きなじょうろに水をたっぷりと入れ運ぼうとしていたA君。

重くて持てず困った表情で立ちすくんでいました。周りの人が手助けすれば一番早いのですが、そこはぐっと我慢。そっと見守ります。

しばらくして「いい事思いついた!」と言わんばかりのいい表情でじょうろの水を少しずつこぼし始めました。このぐらいなら持てるかな?と微調整してようやく持てる様になった時の嬉しい顔。。「やったー!」と言いたい気持ちがギュっと詰まったいい表情でした。

 

 

ある著書には、以下のような文章がありました。

「自主性と主体性を持っているからこそ模倣する事ができるし、創造性を発揮していく事ができる。幼いころ、精神機能が未分化の時にどれだけ欲求が周囲の人によて満たされたかによって自信につながる。自分の存在に誇りを抱く事ができるようになる。身近な例で、ブラームスの交響曲第1番はそっくりそのままベートーヴェンの手法をお手本にして作ったシンフォニー。だからと言ってブラームスの第1番をダメだという人はいない。その後に第2番、3番と自らのオリジナリティを開花させている。作品を真似ることで深く知り、技術を学んでいく。真似をするということで創造がはじまり、そこで初めてオリジナル作品が生まれる。だからこそ子どもにはどんどん「真似を」させてあげてください」(参考書籍 子どもの心の育てかた・佐々木正美著)

教えてもいないのに、本能で真似をして意欲的に活動している子どもたち。次はどんなまねっこをしてくれるのか楽しみです。

 

文責:山下

 

 

 

主体的とは(1歳児つくし組)

子どもたちは園庭へ出ると、自分がやりたいと思う場所や遊具へまっしぐらに歩いたり、走ったりしていきます。

入園当初はカートに乗って移動していた子どもたちですが、今では全員が歩いています。

 

私たち保育者は子どもたちに言葉を掛ける時に気をつけていることがあります。それは”子ども自身が考えられるような言葉の掛け方をする”ということです。例えば、園庭に出る時に帽子をかぶって欲しいと思っていても「帽子をかぶってね。」ではなく「お外に行くから準備をしてね。」と言葉を掛けます。

して欲しいことを直接伝えることは簡単な事ですが、先回りし過ぎると自分で考えることがなくなり、誰かが指示してくれないと何もできなくなってしまいます。子どもたちが「主体的・対話的で深い学び」ができるようになるためには、どのような言葉をどのようなタイミングで掛けたら良いかということを常に心掛けています。

 

 

上の写真は三輪車で遊んでいるところです。

大好きな三輪車を見つけて乗っている子どもたち。いつの間にか数人が一緒になって並んでいます。「こうやったら楽しいかも!」と子ども自らが考えて遊んでいる姿に、主体的にやりたいことを見つけ自ら関わり遊んでいるのだなと感じ嬉しくなりました。

 

下の写真はペットボトルに水を入れたいと考えたHちゃんです。

初めは長い水路の所で流れてくる水を何とかして水を入れようとしていましたが、なかなかうまくいきません。あきらめるのかな?近くにいる保育者にたのむのかな?と様子を見ていると、水が出てくるパイプの穴のところにペットボトルの口を差し込んで水を入れ始めたのです!!しばらくしてペットボトルを取り出すとたくさんの水が入っていました。それを見たHちゃんはとても満足気で「できた!」という達成感でいっぱいの表情をしていました。

 

子どもたちが「自分でやってみたい」という主体的な遊びの中で試行錯誤し、時には上手くいかないこともありますが「自分でできた」という達成感を味わい自己肯定感を高められるように見守り、寄り添いながら活動できるようにしていきたいと思います。

文責:川宿田

 

本日のメニュー☆10/23

今日のメニューは、『秋鮭のきのこあんかけ』『ひじきの白和え』『けんちん汁』でした。

秋鮭には、塩で下味をつけて片栗粉をまぶしてから焼きました。そうすることで、きのこのあんもよく絡みます。

きのこのあんは出汁をしっかりと取って作ったので、出汁の旨味も合わさってより美味しく仕上がりました。

ひじきの白和えは、ひじきや干し椎茸、こんにゃくを先に醤油、味の母、椎茸の戻し汁で煮て味をつけ、よく水切りした豆腐と合わせました。それぞれの下処理をしっかり行うことで、水っぽくならずしっかりと食材に味が染みて子どもたちも美味しく食べることができます。

秋の味覚がたっぷりのメニューで、子どもたちもよくご飯が進んでいました!✨

くるみ組 宝物いっぱい

 

登園の際に、赤や茶色に紅葉した葉っぱやどんぐりを握りしめて「おはよう!見て!」と、嬉しそうに手土産を持参してくる子ども達。

小さな枝や石ころ、木の実は、子ども達にとって宝物!一度手に取ると、なかなか手放せなくなることもしばしばです。

 

そこで、くるみ組の保育室前に宝物を入れるためのカゴを置いています。日を重ねるごとに、枝やどんぐり、くるみ、枯れ葉など秋の自然物で一杯になります。これらの自然物から、子ども達の興味関心を捉えて、日々の保育活動が広がっていくように工夫しています。

四季を理解するには、まだまだ難しい年齢ですが、2歳児なりに秋を感じ、深めていけたらと思います。室内の環境の中にも、生き物の観察コーナーや栗、松ぼっくり、どんぐりに触れて遊べるコーナーなどを準備し、自然と触れ合うことにより、五感を使って、試行錯誤しながら様々な表現を楽しむ姿を捉えています。

 

 

~ヤモリの観察~

保育室にヤモリが現れ、捕まえてみたところ、「これ、虫だね。」「しっぽがあるよ。」と、自分で考えたことや思った事を言葉で伝え合い興味津々な様子。

観察したら、すぐ逃がそうと思っていたのですが、小さな虫カゴを囲んで、「見えない!」「見たい!」「〇〇君の!」と、押し合いのトラブルになるほどの人気ぶり。生命体は、子ども達にとってとても魅力的なものなのです。

子ども達の様子を見て、展示の仕方を工夫し、観察しやすいスペースを確保しました。

「どこにいるかな?」「あっ、いた!いた!」「足がペタペタしてるよ。」「かわいいね。」と、気づいた事や感じた事を子ども同士で、伝え合う姿がありました。

バッタやくもやハエなども仲間入りし、バッタとヤモリが威嚇し合っているシーンを見れた子もいます。2歳児なりに、生物の世界を感じ、発見を深め、成長と共に、生命の大切さに気づいていけるようにしたいと考えています。 

 

~チクチクあるよ!~

毬栗に触れるのは、おそらく初めての子ども達。黙って見守っていると、力加減しながら、ツンツンと触り、指をひっこめ「痛いよ!」「チクチクだよ!」と、言葉で友達に伝えていました。

Sちゃんは、試行錯誤しながら、毬栗の枝の部分を見つけて、指で摘まみ器用にもちあげてよく観察。毬のなかに栗が入っていることを発見し、「おんなじよー!」と、言葉で表現していました。大人が、「チクチク痛いよ。危ないよ。」と、前もって伝えなくても、視覚的に刺々しいものは、2歳児でも「なんか、痛いかも?」と、予測したり、考えたりしながら観察している姿があります。

栗に十分に触れた数日後、十五夜でお供えした栗を子どもと一緒に調理しました。ガラスの透明鍋なので、調理中の栗の様子も見ることができます。「栗がブクブクってアワアワしてるよ!」「レッドになったよ。」「匂いするね。」 など、調理中の変化に気づき、言葉で表現していました。

最後は、栗を食することで味覚も楽しみました。

 

このような子どもの自発的な活動の学びの積み重ねが「幼児期の終わりまでに育ってほしい10の姿」を育んでいくのだと感じています。

 

   文責:山﨑

 

 

パン食い競争(年中)

※写真を訂正して、再度公開しています。

年中組の親子選択競技の1つである『パン食い競走』についてお伝えします!

パン食い競走を選んだ子ども達は、話し合いの中で『どうやったら楽しめるか』を友達と一緒に考えてきました。

 

試しにおもちゃのパンを使って練習すると、子ども達から色々な思い、考えがでてきました。

「本物のパンがいい!」「パンが袋から落ちないようにして欲しい」「手を使うと面白くない」などなど!

 

そこで、決まったルールが手を使わないでパンを取る!』

大人からしたら、当たり前のルールかもしれないですが、子ども達が、口だけでパンを取るのは意外と難しく、思わず手を使ってしまいそうになるんです。

しかし、リハーサルでの子ども達の様子を見ていると、手を使わないで取ろうと一生懸命頑張っていました。私達が、「ルールはこれだよ」と決めるのは簡単です。ですが、人に言われたルールより、自分達で決めたルールだったからこそ、「守ろう」と思えたのではないかと思います。

 

 

パンのところまでどうやって走る?

 

もう1つ子ども達と話し合ったことは、『お母さん、お父さんとどうやって走りたいか』です。

ここで子ども達から出てきた意見が『抱っこ』『おんぶ』『手を繋ぐ』『一輪車を押してもらう』です。

実際に、抱っこ、おんぶ、一輪車は、職員と一緒にやってみました。

実際にやってみることで、イメージがわき自分がしたい物が明確になったようで、それぞれ、どれを選んだのか聞いてみると「これがしたい!」としっかり自分の考えを持って伝えてくれました。

 

 

今回の、子ども達の話し合いや、選択する姿をみて、『やってみたい』と選んだ種目だったからこそ、1人ひとり自分の考えを持ち、話し合いで自分の思い、考えを言葉で伝える(10の姿:言葉での伝え合い)ことができたのだと思います。

 

当日は、緊張して手を使ってしまう子ども達もいるかもしれませんが、「もう少しだよ!頑張れ!」とぜひ声を掛けてあげてください。

子ども達と保護者の方が一緒に楽しむことができたらいいなと思っています。

 

本日、配布されます運動会のプリントと合わせて、他の競技のブログも、ぜひご覧ください。

 

文責 武石