歩くって楽しいな(年中組)

先日の懇談会でも少しお話ししましたが、今月は何日かに分けて少人数で散歩に出かけました。

 

今までは、『どこかに遊びに行くために歩く』ということが多かったですが、今回は、『歩く』ということを目的としました。

今回のコースは、子ども達の足で歩いて30分ほどの距離です。コースの途中にある公園で休憩、少し遊んで園に帰りました。

では、散歩に出かける前と散歩に出かけた時の子ども達の様子についてお伝えします。

 

 

散歩に出かける前に

最初に散歩に行く日、子ども達に4グループに分かれて散歩に行くこと、いつ行く予定かを伝えました。

そして、園外に行く時どんなことに気を付けたらいいか子ども達と確認すると、「白い線を出ない」「先生の話を聞く」「信号を渡る時は手を挙げる」など子ども達から沢山の意見が出てきました。

「信号を渡る時は手を挙げる」という発言があってすぐ、別の子どもから「いや、渡る前に右、左、右って車が来ないか見てから渡らないと!」と友達の意見を聞いて、自分の意見を伝えようとする姿も見られました。【10の姿:言葉での伝え合い】

自分の思っていることだけを伝えるのではなく、友達の意見もしっかり聞くことができるようになってきています。

 

 

信号では・・・

信号の前に来ると、「今、赤だよ」と信号機の色を確認する子ども達。

その後も、信号機を見て、「もうすぐ青になりそう」と信号が変わる様子をしっかり見ていました。

今までの散歩では、保育者が「青になったから、手を挙げて渡るよ」と声をかけていましたが、子ども達が自分達で考えて渡ることができるように、保育者から声を掛けるのではなく、子ども達と一緒に確認しながら渡りました。

そうすることで、青になったことを確認し、サークルタイムで友達と一緒に確認したことを思い出しながら、手を挙げて渡ることができていました。

 

 

子ども達の歩く様子

今回は、横の友だちと手をつなぐのではなく、1列になり、1人ずつで歩くようにしました。1人で歩くことで、自分で周りを見ようとしたり、前の友達にしっかり着いていこうとする姿も見られました。

その一方で、前を見て歩けていない子は、ペースが遅くなってしまい、前の友達との間が空いてしまったり、前の友達にぶつかりそうになったり、列から離れてしまいそうになる子ども達もいました。

職員もその都度声を掛けていましたが、子ども達同士でも、「遅れてるよ!」「前、前!」と声を掛け合うことができていました。

歩道の白い線がなくなるところでは、車が近くを通るため、子ども達の表情も変わり、さらに集中力が高まります。

集中して歩きながらも、周りの自然物に目を向けたり、「ここ知ってるよ!」と景色を楽しんだりしていました。

 

 

今回は、30分ほどのコースだったため、いつもより歩く距離も長く途中で疲れたり、帰り着くと「ちょっと疲れたな〜」という声も多く聞こえてきました。

歩くことは、世界を広げてくれます。年中の子ども達にとっては、1年後、就学先の学校まで歩いて通学することこそ、ぐっと世界を広げることに繋がります。

ぜひ、ご家庭でも就学に向けてお子様と一緒に歩いてみてください。

 

 

文責:武石

 

五領域『表現』から考えたくるみ組の保育

健康(第1人間関係(第2回)  、環境(第3回)言葉( 第4回)と、国から施行されている「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」の5領域に沿って、くるみ組の保育を紹介しています。

 

今回はその5つ目、『表現』についてです。

表現領域の目標は『感じたことや考えた事を自分なりに表現することを通して、豊かな感性や表現する力を養い、創造性を豊かにする。』となっています。

 

 

 

ねらい1:身体の諸感覚の経験を豊かにし、様々な感覚を味わう。


「感覚」といったら、①視覚 ②聴覚 ③味覚 ④嗅覚 ⑤触覚という5感ですが、中鶴先生の活動のもと、⑥前庭覚 ⑦固有覚の7感の感覚活動を大事にしています。子どもの成長、発達応じた感覚遊びを多岐にわたって展開しています。

 

前庭覚とは?

自分の身体の傾きやスピード、回転を感じる感覚です。受容器は、耳の奥にある耳石器と三半規管です。

主なはたらきには、覚醒、抗重力姿勢、バランス、眼球運動、身体の機能の把握(運動企画、しがみつく、ジャンプ、のぼる)があります。

固有覚とは?

自分の身体の位置や動き、力の入れ具合を感じる感覚です。筋肉や関節の中に受容器があります。

主なはたらきには、力加減、運動コントロール、抗重力姿勢、バランス、情緒の安定、身体の地図・機能の把握(自分の身体の輪郭、ボディイメージ)があります。

7感を意識した遊びとは?

毎日の保育活動が感覚遊びで、ブログやポートフォリオ等でお伝えしています。

様々な素材に触れ感性を育む、身体機能を高める、自発性を引き出す、友だちとの関りの中で自己主張できるようになることを、くるみ組では大切にしています。

 

 

 

 

ねらい2:感じたことや考えたことなどを自分なりに表現しようとする。


子どもにとって、心揺さぶられる経験や感動の体験が、表現の始まりです。不思議や発見、驚きや感動などを言葉やしぐさで表したり、模倣したり、体全体を使って表現したりします。

のはら園の斜面を登っては、降りるをくりかえし、地面の凹凸や下る際のスリル感を全身で楽しむM君。その横では、友達が木に隠れてかくれんぼをしていました。

その様子が、М君の目にも止まったようです。斜面を下りながら椿の木をがある方へ。木を触ったり、顔をそっと近づけて木の温もりを全身で感じている様子がありました。「木」とつぶやき嬉しそうな表情を見せるM君。しばらくの間、木々に触れながら斜面歩きを楽しんでいました。友達していることを真似したり、木登り体験を通じてその感覚の心地よさを知っているからこその表現だと感じました。

 

 

ねらい3:生活や遊びの様々な体験を通して、イメージや感性が豊かになる。


最近、子ども達の遊びに変化が見られます。以前はなかった、友だちとイメージを共有しながら、複数でごっこ遊びをする姿があります。豊かな日常体験があるからこそ、イメージをしたり想像の世界を表現できるのだと思います。

 

・野菜収穫では、「大きいのはどれかな?」と言いながらよく観察し、自分なりに考えて、カブを抜く子ども姿がありました。これまでの経験から大小のイメージがあるからこそできる発言です。「大きいのがいい!」という目的を持ち、自分の感覚で探そうと試行錯誤する姿に、幼児期の終わりまでに育って欲しい10の姿、「思考力の芽生え」「数量や図形などへの関心・感覚」「自然との関わり・生命尊重」「豊かな感性と表現」の根っこの部分が育まれていることを感じました。

・芋ほりでは、なかなか抜けない友だちの姿を見て、「手伝ってあげるよ!」と、声をかけ「うんとこしょ、どっこいしょ!」と、絵本で見た場面を表現する姿がありました。絵本を読んでもらうことにより、絵本の世界をイメージする力が育まれ、周囲の人からの優しさを感じて生活しているからこその姿だと捉えます。これからも、受容的な関りのなかで、自信を持って表現することや達成感を感じられるような経験を大切にしていきます。

 

 

文責:山崎

 

 

2/26のメニュー

2/26のメニューは、『白身魚のハーブ蒸し』『クレソンペースト入りマッシュポテト』『ジュリエンヌスープ』でした。

 

白身魚は、鯛を使用しました。塩胡椒で下味をつけてバジルとにんにくを散らし、白ワインとオリーブオイルを振って蒸して作ります。

バジルの良い香りがして、鯛の身もふっくらと仕上がりました。

 

マッシュポテトのクレソンペーストは、火を通したクレソンと粉チーズ、塩胡椒、オリーブオイルをフードプロセッサーでペースト状になるまで混ぜ合わせます。

それをマッシュして豆乳でのばしたじゃが芋と合わせました。

白身魚のハーブ蒸しともよく合う一品になり、クレソンは少しクセのある野菜ですが、子どもたちもよく食べていました!

 

文責:米澤

親子ふれあい【れんげ組・つくし組】

先週土曜日、れんげ組とつくし組で「親子ふれあい」が行われました。園庭には、ご家族と一緒に遊ぶ子どもたちのかわいい笑顔がたくさん見られました。

前日まで天気予報は雨マークが出ていましたが、子ども達の思いが空に届いたのか、空はからっと晴れ気持ちのいい天気に恵まれました。

 

今回の活動はれんげ・つくし組にとって初めての行事でした。

活動の目的は、

①私達保育者が毎日連絡帳でお知らせしていた姿を親子で遊ぶ事でその姿を実感して頂くこと

②お子様の様子を一緒に見ながら保育者から保護者の方へ様々なことをお話させていただくこと

この2つでした。

 

 

さて、子ども達の様子はというと、それはそれはとても楽しそうでした。

最初は少し緊張しているようにも見えましたが、園庭に入るとすぐに馴染みのあるおもちゃを取り出し楽しそうに遊んでいました。三輪車に乗る子、砂場遊びをする子、ぽかぽか陽気に誘われて水遊びをする子。遊びながら、家族の顔をのぞき込んで「見てくれてる?」と確認しながら遊んでいました。それが安心にもつながったのでしょうね!また、遊びを通じて友達のお母さんと遊ぶ姿も見られていましたよ。

終始アットホームな雰囲気の中で楽しく遊ぶ姿が印象的でした。やはり、大好きな家族に見守れらながら遊ぶことは安心感が違うだな!と、私達保育者も感じた一日でした。

 

 

 

今回の活動では、安心できるこども園で安大好きな家族とゆっくり過ごせたことに喜びを感じ、心地よい時間を過ごすことができたのではないかと思います。日頃の様子は文章や写真でお伝えしていても、生でその姿を見ることに勝る事はありません。沢山の保護者の方が「とても楽しかったです!日頃の様子が見られて安心しました。」とお声掛けくださいました。

乳幼児の保育は24時間を通した保育。これからも保護者の皆様との丁寧な連携を図ることを大切に、一人ひとりのお子様をお預かりしたいと思いを新たにすることでした。

 

文責:後藤

 

 

温かい気持ちに…(ぱんだ組)

今年度も残り1ヵ月となりました。この1年を振り返りながら進級に向けて期待をもち、1年を振り返る3学期。

最初の頃は、自分のことで精一杯だった子ども達が、最近、穏やかな気持ちで周囲の人をほっこりさせてくれる場面が見られています。

その姿も成長の1つとして捉えながら今回は、ご紹介したいと思います。

 

 

友達の気持ちに気付き、思いやる気持ちをもつ♬

私達は日々、子ども達と過ごす中で、”褒める・認める・励ます”を心掛けながら過ごしています。

 

2月上旬に節分に向けて、保育室で子ども達とお面作り。この日は、目や口等の”顔をイメージしながら作る楽しさを感じる”ことを目的とし、様々な色の画用紙とはさみとのりを準備しました。

『どうやって作るの?』と保育者に聞きにくる子どもがいるかなと予想していましたが、必要な材料を取り、椅子に座って黙々と作り始めた子ども達。保育者に話を掛けてきた言葉は『はさみが使いたいです』でした。

しばらく、作っている子ども達の様子を見ていると、女の子は『かわいい鬼を作る♡』と最初から目的をもって取り組んでいて、鬼の表情や色にこだわって作っていました。男の子は、顔の形や色合いから強さを感じられるものでした。

その後、イメージしたものが形となり、更に子ども達が達成感を感じることができるよう、リボンや丸、ハートの形のものをテーブルに置いてみました。

何か置いてあることに気付き、持っていく子どももいれば、自分で三角形を切り、角をつける等それぞれの個性を感じられる作品に仕上がり、次から次へと『できたよ!』と声が響き始めました。

そして、子ども達の傍へ行ってみると、『〇〇ちゃんの鬼、かわいいね』『すごいね』と子ども達がお互いの作品を眺めながら褒め合っているところでした。

保育者よりも友達に褒められる時の気持ちはどんな感じかな‥と想像しながらも、きっと大きな自信となるに違いないと微笑ましく想う瞬間でもありました。

そのようなやりとりから子ども達同士にとっても”絆”のような”結びつき(友情)”が深まったのではないかなと思います。

 

日々、遊びを通して学んでいること


午後保育の時間にくるみ組としっぽ取りゲームをしたことをきっかけに、ぱんだ組でも今楽しいと思う遊びの1つとなっています。

少し前までは、保育者に『○○したい』と話をしに来ていた子ども達でした。

しかし、最近は、『○○したい人!』『○○して遊ばない?』と子ども達同士で声を掛け合い、鬼決めも話し合いながら遊んでいます。

その様子を見ながら嬉しくもあり、少し寂しさを感じているというのが、私自身の正直な気持ちですが、家族や保育者以外の人にも信頼し合える友達・”一緒に遊びたい”と思う心の成長に拍手を送りながら温かく見守っていきたいと思っているところです。

 

『〇〇してあげたいな』『〇〇して遊ぶためには、どうすればいいかな‥』と子ども達だけで考え、言葉を交わし合いながら遊ぶ様子も少しずつ見られるようになってきた3学期。

この1年を共に過ごしてきた仲間だからこそ、お互いのことを認め、高め合える関係だと思います。

錦ヶ丘での出会いを大切に、これからも人との触れ合いや関わりを楽しいかけがえのないものとして過ごしてほしいと思います。

【資質・能力の¨3つの柱¨】 思考力・判断力・表現力の基礎*知識及び技能の基礎*学びに向かう力・人間性等

 

  文責:幸泉

 

 

初期消火も大事な手段の1つ(避難訓練)

今月は、地震が起きた際の避難訓練と職員だけでの消火訓練を行いました。

 

今年度から毎月実施してきた避難訓練。少しずつ職員も子ども達もどう動くべきか考え、臨機応変に行動しながら取り組んでいます。

また、消火訓練も職員全員で消火器の使い方について考え、学んできました。

今回は、消火器の使い方についてもお伝えしていきたいと思います。

 

 

地震を想定した避難訓練


先日、東北で震度6の地震が発生しました。私達も他人ごとではなく、もしもを考えての対策や準備、そして避難訓練が必要だなと改めて感じました。

今回の訓練では、事前に子ども達に知らせずに実施。地震により建物崩壊を想定して保育園園庭に避難しました。

予告なしの非常ベルに驚く子どもの姿もあり、保育園に避難する際には近くの保育者の手を握って安心を求める子どももいました。これこそリアルに近い子どもの姿だと思います。子どもの不安を和らげることも大人にとって重要です。

ほとんどの学年が園庭で遊んでいる時間帯でしたが、しっかり放送や近くにいる保育者の話を聞いて行動することが出来ていました。

同時に保育室にいる時だけでなく、園庭にいる時、地震が来た際の避難方法も子ども達が知ることのできる機会になりました。

 

今年度、地震を想定した訓練は今回で3回目でしたが、毎回同じ想定で行うのではなく、時間帯、規模、場所など様々な状況を変え、その中で訓練を行う様にしてきました。そうすることで『こんな時にはどうしたらいいのか』と常に保育者と子ども達が一緒に考えることができ、どんな時でも混乱なく、落ち着いて行動できるようになることをねらいとして行っています。

その経験から子ども達自身が【自分の身は自分で守る】ことに繋がっていけたらと思います。

 

 

 

『初期消火お願いします!!』と頼まれたら…??


毎月避難訓練後に職員が実施していた消火訓練。いざ初期消火を行わなくてはいけない状況になった時、どの職員も使い方を理解した上で、焦らず消火器を扱えるように行ってきました。

まず、火災を大きくしない為にも、すばやく消火することが大切です。一般的には、炎が天井付近に達するまでは、消火器で消すことができるそうです。万一のためにも消火器はいつでも使えるところに置いておくことが大事であり、こども園でもすぐ手に届く数カ所に配置しており、消化器を塞ぐように物を置かないようにしてあります。

 

では、消火器は、どのように使えばいいのでしょうか??

1. 最初に黄色の安全ピンを引き抜く。

2. ホースを外し火元に向ける。(ホースは的確に放射できるように先端を持つ。)

3. レバーを強く握って放射する。(放射の際は、火の根元をねらって、手前からほうきで掃くように消火剤を放射する。)

 

消火剤を効果的に放射するため、また、自分の身を守るために消火器は風上から放射します。
室内においては、逃げ道を確保し、出入り口を背に放射することが重要です。

(引用:総務省消防庁より)

 

 

初期消火で大きな火災にならずに済むこともあると思います。まずは、命を守るために【安全な場所へ避難する】ことが大事です。

ですが、【火を消し止める】ことも私達大人にできる一つの手段でもあります。

私達は、“自分達に出来ることは何か”と考え、様々な想定を行いながら日々を過ごし避難訓練にも努めています。いざという時にしっかりした判断で行動できるようこれからも園全体で連携を図り、報告・連絡・相談を行っていきたいです。

 

文責:若松

 

 

2/19のメニュー

2/19のメニューは、『鶏のから揚げ』『マカロニサラダ』『ふのりの味噌汁』でした。

 

鶏のから揚げは、定番メニューであり人気メニューでもあるメニューの1つです。

鶏肉を、りんご・にんにく・生姜のすりおろしと塩麴・酒・味の母・薄口醬油で漬け込み、片栗粉をまぶしてカラッと揚げます。

大きなボウルいっぱいの鶏肉を漬け込みました!

塩麴が入ることで、お肉が柔らかく仕上がるだけでなく、火を通してもあまり縮まずボリューミーに仕上がります。

喜んでおかわりもたくさんしていてあっという間になくなりました!

 

副菜のマカロニサラダも人気メニューで、今日もほとんど完食でした✨

 

文責:米澤

2/17のメニュー

2/17のメニューは、『クミンライス』『ビーフカレー』『野菜のピクルス』でした。

 

今回のカレーライスは、クミンを混ぜて炊いたクミンライスでのカレーでした。色は特に付かず、クミンの香りが少しする程度で、味もほとんど普通のご飯と変わりません。

そのためか、子ども達も普通のご飯の時と変わらず食べていました。

カレーは大人気メニューで、沢山作っていても本当によく食べるので、ほとんど残りません。今日も何度もおかわりして食べていました!

 

野菜のピクルスは、野菜をサッと火を通してピクルス液に漬け込みました。

にんにくもピクルス液に入っていて、酸味もそこまで強くないようにしたため、子ども達も比較的食べやすいピクルスになりました。

カレーと一緒だと苦手な野菜も頑張れる子どもも多いようです✨

 

文責:米澤

 

「節分」ってなんだろう?から得た学び(うさぎ組)

1月末から2月に入る頃、世間では、節分商戦となり、大豆や豆、恵方巻きの宣伝であふれています。宣伝を耳にするたびに、「あ、節分だね、豆まきしなきゃ」「恵方巻き頼まなきゃ、食べさせなきゃ」など、意味も深く触れずについつい行事に乗っかってしまうそんな風潮が日本には根づいているような気がします。

 

錦ヶ丘では、季節に行事に興味、関心を持ち、参加し楽しむ」というねらいから、3学期にはいり、保育の中で節分の話をしてきました。これは節分だけでなく、ブログでもその都度紹介して来ましたが、子ども達はその時期にある様々な日本の文化について話を聞いたりする中で、文化に触れつつ経験しています。

ブログ「もちつき会」よかったらご覧ください!

 

年少組では、『どのように節分を伝えていこうか。』と考え、話し合ってきました。保育教諭も「正しい起源はなんだろう?」としっかりと調べて、行事の内容を理解し、毎回取り組んでいます。

節分とは…(Wikipediaを引用)

上記説明にあるように、こんな難しい説明をしても子ども達は「???」ですよね。

では、どのように子ども達に伝えていくのかというと… 子どもの年齢にあったわかりやすい紙芝居や絵本です。

今回は「おにとおひゃくしょうさん」という紙芝居を中心に、「節分ってなんだろう?」と一緒に学んでみました。

 

うさぎ組の活動から


この紙芝居で、まず子ども達が気付いたのが、鬼が苦手なものの存在です!

鬼は子ども達にとって怖い存在。どうやったら退治できるのかがとても気になったようです。

 

この中で、気づいたことは3つ。

①鬼はちくちくして目にささる柊の葉が苦手!

②鬼は鰯の匂いが苦手!

③豆を当たると痛いから苦手!

 

「そうか、じゃあどうする?」という問いに対し、「作る!」という子ども達。

「どうやって?」「買いに行く!」「なるほど〜」と子ども達と「どうしたらいいか?」を一緒に考え、今回は必要な材料を買い、“ひいらぎいわし”を作る事にしました。

 

今年の節分は2/2。前日までに作って飾らないと、鬼が保育室に入ってくるかもしれません。子ども達は真剣です!

 

まずは鰯をどうするのか焼くのか、煮るのか生なのかそこから考えました。(10の姿 思考力の芽生え)

色々な意見がありましたが、「焼く」そして「身は食べる!」と決定。「教室のドアは2つ」である事を確認し、早速焼く準備をし、焼けたいい匂いを嗅ぎながら、2つの柊鰯の製作に取り掛かりました。

 

でもそこで、次は柊の存在に気づいたようで、「柊はどこにあるんだろう?」と考えだした子ども達。

「鰯と柊を刺す棒は?」「まず、こども園にあるか探してみよう!」と、みんなで園内散策!

 

「あった!」

そうです。こども園には柊もあります!「僕も私も」と取り合いになりましたが、尖った葉にみんなは「イタタタ!」

「鬼も痛いはずだよね!」と話しながら、柊も刺す木の棒も準備することができました。(10の姿 自然との関わり)

 

さぁ、準備万端!「これでうさぎ組に鬼は入って来ないよね!」と自信満々の子ども達。

ご家庭でも「鬼に来て欲しくない」と、早速実践してくださった方もいらっしゃった様子です。

 

 

さて、当日。準備万端の子ども達も少しソワソワ

「園庭から鬼が来るのでは」と心配そうにドアを閉め、見張っていると、なんと!保育室後ろのお手洗いのドアから鬼に変装した保育者が侵入!

ビックリした子ども達は、一生懸命、豆に見立てて作った丸めた新聞紙を投げたり、逃げたりして追い払うことができました。少し呆然としていましたが、「ドアは後ろにもあったね」と新たな発見をしたようでした。

このことからわかるように、子ども達の視野はまだ狭く、自分が見える範囲で話をしたり、思い込んだりすることが多々あります。この経験を通して、「周りもよくみてみる」ことを学んだことと思います。

 

 

 

恵方巻き作り


毎年、美味しくいただく恵方巻き。今回は自分たちで作ってみようと思い、具材決めから買い物などの体験を行いました。

入園当初、ご家庭の味と違う給食に苦戦していた子ども達も、こども園の畑から野菜を収穫し、クッキングを体験していく中で、見違えるほど野菜など食べられるようになりました!

しかも今回は、大好きなお寿司!ウキウキワクワクしながら具材を考え、買い物に行きました!

 

卵を割ったり、キュウリを切ったり、ご飯も鍋で炊いたりとたくさんチャレンジしました。その時の子ども達の集中力と目の輝きは、目を見張るものがあります♪

 

子ども達にとって、自ら考え、「やってみたい!」と挑戦したことへの集中力と経験は何事にも代え難い学びとなります。

また、行事を知り、文化に触れ、たくさんの経験を積み重ねる事で、思考力も養われ、意見を言うチャンスを持ち、意見を交わす事で学びに向かう力を養う事へとつながります。

このような気付きや学びを保育にどんどん取り入れ、培った経験が進級した後にどんな発想につながっていくのか、どのように広がっていくのかとても楽しみです!

 

文責:桑元

 

2/16のメニュー 

2/16のメニューは、『クロックムッシュ』『ジャムサンド』『スパニッシュオムレツ』『ウインナー』『オレンジ』でした。

 

この日は、月に1回のランチボックスやワンプレートでの給食で、いつもの給食と少し違う特別感があり、子ども達も楽しみにしています。

クロックムッシュは、食パンにハムとチーズを挟んだものをオーブンで焼いて作りました。スパニッシュオムレツはホウレンソウやベーコンなどの具材がたっぷりと入っており、ウインナーは、南州農場さんの無添加のものを使用しています。

天気が良かったので、ランチボックスを持って園庭等で食べている子ども達もいました。

外で食べるといつもと違った気分が味わえて、より食が進んだのではないかと思います!

青空の下、たくさん食べて、ランチボックスやワンプレートの給食を楽しんでいました(^^)/

 

文責:米澤