自分で『選ぶ』楽しさ (1歳児 つくし組)

皆さんは、『自分で選ぶ』と聞くと、どんな場面を思い浮かべますか?

『選ぶのは1歳児』と聞くと、「1歳児が本当に自分で選べるの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

下の写真は、つくし組の朝の補食の時間の様子です。お盆の上には、2種類のおやつがあります。

 

指差しでの意思表示や発語が出てきたこの時期を捉えて、あえて2種類のおやつを準備しました。

 

保育者が「今日はおやつが2つあるんだよ。どっちが食べたいか教えてね。」と話をすると身を乗り出すようにして真剣に聞いていました。

 

 

どっちのおやつにしようかな?


一人ひとりに「どっちがいい?」と聞くと、すぐに指差しする子、戸惑いながらしばらくして指差しする子、手を伸ばしておやつを取ろうとする子、指差ししながら「これ」と言葉でも伝えてくれる子、と様々な姿を見せてくれました。

『おやつを選ぶ』という活動一つとっても、一人ひとりの経験や発達段階によって見せてくれる姿は様々です。

 

私たち保育者は、子どもたちの自分の気持ちを自分なりに伝えようとする姿をありのままに受けとめ、応答的に関わることで、「わかってもらえた!」「もっと伝えたい!」という気持ちを引き出せるように心掛けています。

「わかってもらえた!」「伝えられた!」という喜びの積み重ねは、自信につながり、自己肯定感を高めることができます。日々の保育の中で、子どもたちが自分なりの方法で伝えようとする姿は私たちが大切にしていることの一つです。

 

いつもと同じおやつだけど、自分で選んだおやつは格別においしそうに食べていましたよ。

 

 

自分で選ぶということ


4月からつくし組では、園庭でたくさん遊んできました。園庭は、砂場・三輪車・せせらぎ・ビオトープなど魅力的な場所がたくさんあります。

子どもたちは、「ここで遊びたい」「これで遊びたい」と自分でやりたいことを見つけ遊んでいます。もちろん、保育者が『○○な経験をたくさんしてほしい』『○○が育ってほしい』という、意図をもった活動範囲の中での遊びになります。

 

 

ある日、子ども達が見つけた水溜まりでは、洋服が泥んこで汚れても、顔に泥がとんでも平気な顔で夢中で遊び、泥の感触を思う存分に味わって満足そうな表情の子どもたちでした。

また、フラフープを手に取った子どもは、その弾力性に気づき、跳ね返ってくることを繰り返し楽しんでいました。自分で発見したことは、しっかり知識として身についていきます。

お湯遊びでは、たらいの中に入ってお湯の温かい心地よさを全身で味わったり、シャワーから出てくるお湯に手を伸ばしたり、地面にできた泥の感触を足裏や手のひらで触って感じたりしていましたよ。

 

『自分で選ぶ』=『自分で判断する力をつける』ことです。

興味をもち、自分で選ぶことで遊びは意欲的な活動になります。「これやってみたいな。」「おもしろそうだな」と感じ、自分で決めて遊び始めた子どもの表情は生き生きしています!

こども園では、そんな生き生きした表情の子どもたちがあちこちで見られます。

 

そして、子どもたちの『笑顔・真剣な顔・夢中になっている顔』など様々な生き生きとした表情は、私たちの元気の源になっています。

これからも、一人ひとりが『自分で選ぶ』という場面を大切にしながら過ごしていきたいと思います。

 

文責:川宿田

 

田植えにいきました(年長組5歳児)

6月16日、年長組で田植えに出かけました。

雨が心配される中でしたが、小雨の中、子ども達はバスで待機しながら田植えを経験しました。

 

田植えの目的は?

  • お米の生長を学び、田植えを経験することで食物を頂く有難さを感じる。
  • 田園風景を五感で感じ、感じたことを言葉で表現しようとする。

というねらいを持って、今回の活動を計画しました。

 

 

稲って何?

いきなり田植えに行っても、子ども達は何でこの活動を行っているのか、分かりません。

子ども達が主体的に考えたり、実際に取り組んだりして田植えに関わることができるよう、運動会終了後から”米”について話をし、コーナーを作り、子ども自らが興味を持つことが出来るような活動を取り入れました。

 

 

籾を植えてみよう

年少・年中組での経験から、種を植えると植物が育つことに気付いている子ども達。

子ども達にとって、命が連鎖していることを容易に想像できたのが、“花が咲き、種がとれ、それを植えるとまた花が咲く”を見て経験している《ひまわり》でした。

それを米に置き換え、もみつきの米を水に浸し、栽培をはじめました。稲が出るのはまだかまだかと楽しみにしながら育てています。

 

田植えに行こう!

いよいよ田植えの日。

田園風景を五感で感じ、苗を握って田植えのチャレンジです。

泥の感覚を嫌がる子、泥に足を取られて転ぶ子、初めての経験にワクワクした表情の子。ひとりひとり心の中で色々なことを感じたことでしょう。

 

 

田植えに行ってみてどうだった?

開口一番子どもが発した言葉は、「気持ちが悪かった。」「雨の中行くのが嫌だった。」という感想です。

実に子どもらしい感性です。楽しかったことだけでなく。負の感情も伝えられることは素晴らしい事ですね。

その反面、「たのしかった」「泥に入るのが気持ちよかった」「田んぼが綺麗だった」という思いも教えてくれました。

 

小雨決行の中で

雨だと行かないだろうと思われる方も多かったのではないでしょうか。畑作業にとって、雨は恵の雨です。

風邪をひくかもしれない…、子どもたちが濡れるのでは…と私たちも心配しましたが、雨の中でしか学べない風景もありました。

合羽を着て耕運機を動かしている方、畑の周りで整備をしている方。

「気持ちが悪かった」といった子も、このように雨の中育てている人がいることを振り返ると、こういう人たちがいてくれるからご飯が食べられる…。と、しみじみ感じていました。

 

楽しかっただけの経験?

今回の経験を年長組職員では”食に対する興味””持続可能なSDGs”の視点で活動を広げていけるよう、取り組み始めています。

机上の学問ではなく、経験から感性豊かな学びを育んで欲しいと願いながら、今回の活動がどのように発展していくのか見守っていきたいと思います。

年長組テラスでは子ども達が興味を持っているもの、保育者が興味を持って欲しいと願っているものを展示・準備しています。子ども一人ひとりの発見・ひらめきを大切に今後も連続した保育を展開していきます。

 

 

文責:水之浦

 

実習生ありがとう!(年少組)

先週までの2週間、年少組に実習生が入っていました。

初日から、フレッシュで優しい実習生に子どもたちもニコニコ。

 

ちょうど、うさぎ組に新しい友達も入園してきた週だったので、その週の保育目標は「新しい友達や実習生との出会いを喜び、優しく接する」でした。

新しい出会いは子どもも大人も嬉しいものです。

 

実習生は、

朝や帰りのサークルタイム等、部分的な時間の保育を保育リーダーとなって行う、部分保育。

その日の主な保育時間を保育リーダーとなって行う、主活動の保育。

そして、クラスの保育者だけではなく、いろんな職員が見にくる中で実習の集大成として行う、研究保育などを経験していきます。

実習生はその度にドキドキ。前日までには何度も指導案を書き直し、保育に臨みます。

 

 

いざ、実習生の保育が始まりました。

ぱんだ組では…


ぱんだ組では、かたつむりの絵の土台に絵の具で色をつけていきました。

今までは大きな広幅用紙にダイナミックに描くという経験をたくさんしてきましたが、今回、1人1枚の画用紙に描く絵の具遊びは初めての経験です。

 

筆とあわせて、実習生手作りのタンポを友達と共有しながら使っています。

 

同じ物がひとつもない作品が、子ども達の感性によって仕上がりました。

 

 

 

うさぎ組では…


こちらはうさぎ組の活動です。新聞紙遊びをしました。

ねらいは「新聞紙の音、形、手触りを感じ、友達と一緒に活動することの楽しさを味わう」でした。

写真の新聞紙の様子からも、子ども達が新聞紙の感触を十分に味わった様子が伺えますね。

この後は玉入れゲームも楽しみましたよ。子どもたちは箱の中に入れようと、汗びっしょり!一生懸命です。

 

 

最終日には体操を教えてもらったり、実習生に向けて一言メッセージを伝えたりしました。

「一緒に給食を食べられて嬉しかった」「いっぱい遊んでくれてありがとう」など、言葉を自分自身で考えながら伝えている子ども達の姿に感動しました。

 

実習生が来なくなった今週も、「○○さん(実習生)げんきかな?」「野菜食べられたこと○○さんにも言っててね」と、余韻に浸っている子どもたちです。

出会って2週間でこんなに子ども達の心に残ったのは、やはり、子ども達と1日1日真剣に向き合い、遊んでくださっていたからだろうなと思います。この実習生との関わりや経験が年少組の子どもたちにとって『生きる力』の1つになっていくのだろうと思います。

きっと、子どもたちの遊びの幅も広がっていくでしょう。

 

実習生の皆さん、ありがとうございました。また会える日が楽しみです!

 

文責:森

 

6/16のメニュー ~ランチボックス~

6/16のメニューは、『枝豆ごはん』『ぶりの照り焼き』『卵焼き』『ブロッコリーの塩昆布和え』でした。

 

今回のランチボックスの日は、あいにくの天気だったため、お部屋の中で楽しみました。

卵焼きは、家庭用の卵焼きフライパンで卵90個分を巻きました!具材は小葱と青のりを加えました。

初めての試みで、時間はかかりましたが、子ども達にも喜んでもらえるメニューとなりました。

定番メニューのぶりの照り焼きとブロッコリーの塩昆布和えもよく食べてくれて、ほとんど完食でした✨

 

文責:米澤

 

わらべ歌とともに6月(くるみ組2歳児)

こども園錦ヶ丘の遊びの三本柱は「わらべ歌」「リズム」「童具」です。

そのひとつ「わらべ歌」はくるみ組で毎日歌っていて、子ども達が大好きな遊びです。

連絡帳のやり取りの中で「家でわらべ歌を振り付きで歌ってくれます。一緒に歌えたらいいのですが、なんて言っているのか歌詞がわからなくて…。」とありました。

そこで今回は、クラスでよく歌っているわらべ歌をご紹介します。ご家庭でのスキンシップのきっかけになればいいなと思います。

 

【あめだ あめだ あめがふる】

 

 

あめだ あめだ あめがふる あめだ あめだ あめがふる

ゲロゲロ ゲロゲロ ゲロゲロ (口を鳴らす)

(繰り返し)

 

 

【でんでんむし】

 

でんでんむしでむし でなかまぶちわろ

 

 

【ぽっつん ぽつぽつ あめがふる】

 

 

ぽっつん ぽつぽつ あめがふる ぽっつん ぽつぽつ あめがふる

ざーっと あめがふる ざーっと あめがふる

 

 

 

わらべ歌のメロディはドレミファソラの5音で成り立ち、子どもにとって無理なく自然に歌うことができます。

また、昔から子ども達に受け継がれてきた遊びであり、長い時代を経て人から人へと伝えられてきたもので、そこには人間として生きるための大切なメッセージが込められているそうです。意味は分からなくても、子ども達はわらべ歌のリズムや雰囲気、また言葉の響きや面白さを感じて楽しんでいます。

 

今後もご紹介していきますので、ぜひ親子で一緒にお楽しみください。

 

 

文責:西浦

6/15のメニュー ~園のふりかけの作り方~

6/15のメニューは、『高野豆腐の肉巻き』『マカロニサラダ』『ほうれん草の味噌汁』『おやつカステラ』でした。

 

高野豆腐の肉巻きは、たっぷりの昆布と鰹節からとった出汁を使用し、酒・醤油・きび糖・味の母と、高野豆腐の戻し汁を加えた調味液で、じっくりと煮ました。

また、煮汁は鍋に取り出し、片栗粉でとろみをつけて餡にしてかけました。餡をかけることで、出汁たっぷりの煮汁が絡み、さらに美味しく食べられます。

 

出汁をとった後のふりかけは、昆布・鰹節・いりこと、今日は盛だくさんの具材でした。

作り方は、出汁をとった後の柔らかくなったいりこ等を、包丁で細かく刻むか、フードプロセッサーで細かくします。

みりんと濃口醬油を同量ずつ加え、出汁も少しだけ入れて火にかけ、汁気がなくなるまで煮きったら完成です✨

このふりかけが好きな子どもも多く、給食アンケートで、ふりかけの作り方が知りたいというお声も頂きました。

味もお好みで調節していただいて、ぜひ、ご家庭でも作ってみられてください!

 

文責:米澤

 

 

6/14のメニュー

6/14のメニューは、『魚の生姜煮』『じゃが芋の梅肉和え』『豆腐のすまし汁』でした。

 

 

本日は“鯖”を使用しました。脂ののった鯖が届き、大きな回転窯に鯖と生姜を交互に敷き詰めていき、焦がさないように弱火でじっくり煮ました。

生姜が間に入ることで、一回で大量に煮ても魚の臭みがとれ、醤油・味の母・きび糖の味がしっかりと染み込みました。

 

じゃが芋の梅肉和えは、蒸したじゃが芋と三つ葉を、細かく叩いた梅干し・醬油・きび糖・ごま油で和えました。梅干しでほんのりピンク色に色づき、さっぱりとした味が暑い夏にぴったりです!

 

暑くなってくると、だんだんと食欲が落ちていくことも多いかと思いますが、子ども達はここ数日、落ちるどころかますます食欲旺盛で、おかわりもたくさんしてくれています✨

思いっきり遊んで身体を動かし、たくさん食べて、これからやって来る本格的な夏を元気に乗り切ってほしいと思います!

 

文責:米澤

 

5月避難訓練

5月の避難訓練は、『軽度の地震発生』を想定して行いました。

地震発生は、いつ起こるか予測できず、今回の想定のように軽度の地震であると遊んでいて気づかない事も考えられます。

 

 

地震が起こったらどうするの?


〇近くにいる大人の話や放送を聞く。

〇保育室中央にいる大人の近くに集まり、だんごむしポーズをしたり、机の下に隠れたりして身を守る。

〇放送を聞いて大人と一緒に避難する。

 

上の写真をご覧ください。

4月に行った総合避難訓練で学んだ、『だんごむしポーズ』をしっかりすることができています。

このように、避難訓練は災害が起こった時に子どもたち自身が自分の身を守ることができるようになることが目的です。また、職員は、子どもたちの命を守るために一人ひとりがどのように行動すればよいのか確認し、安全に素早く避難誘導できるように訓練をしています。

 

この日は雨だったため、リズム室への避難となりました。

滑らないように落ち着いて、しっかりと避難をすることができていましたよ。

 

 

 

消防教室


 

今回は、避難訓練後に、鹿児島市消防局の女性消防団の方々が『消防教室』を開いてくださいました。

紙芝居と劇を組合わせ、分かりやすく火災の怖さについて学んだ子ども達。”火遊びの怖さ”や”人に助けを呼ぶ大切さ”を感じられた内容は子ども達の心に響いたようです。

 

 

月に一度行われる避難訓練が有意義なものになるよう、今後も園全体で取り組んで参ります。

 

 

次回、6月の避難訓練は、『火災』です。

火災がどこで発生したかによって避難経路は変わります。

非常ベルや放送、近くにいる大人の話をしっかり聞いて避難できるよう訓練します。避難訓練後はご家庭でもぜひ”もしもの時”に備えての話をしてみてくださいね。

 

文責:川宿田

6/2のメニュー

6/2のメニューは、『きびなごの南蛮漬け』『きゅうりの酢みそかけ』『呉汁』で、郷土料理メニューでした。

 

きびなごは鹿児島の食卓には欠かせない魚ですが、鹿児島では“帯”のことを“きび”とよぶことから、魚体の青白色の縞模様を帯と考えてその名前が付いたとされているようです。

届いた綺麗なきびなごに塩胡椒・片栗粉をまぶして揚げ、火を通した人参・玉ねぎ・ピーマン・筍と一緒に調味液に漬けました。

カラッと揚がったきびなごは骨まで食べやすく、カルシウムが摂れる上に、噛む力も鍛えられます。

このメニューは特に年少さんに人気で、何度もおかわりする様子が見られました。

きゅうりの酢みそかけは、サッと火を通したきゅうりに手作り酢みそをかけて食べました。

南蛮漬けと酢みそかけで酢がきいたおかず2品でしたが、よく食べられていました!

すりつぶした大豆を溶かした栄養満点の味噌汁の呉汁は、具沢山で、食べ応えのあるお汁になりました。

 

先日ご協力いただいた給食アンケートで、魚料理や和食が好きという意見が予想以上にたくさんありました。今日のきびなごもたくさん食べてくれており、幼い頃から和食の味を好んで食べられていることは素晴らしいなと感じます!これからも、ちょっぴり渋めなメニューや野菜たっぷりメニューでも、少しでも美味しく食べてもらえるように調理していきたいと思います。

文責:米澤

 

6/1のメニュー

6/1のメニューは、『魚の塩レモンムニエル』『ズッキーニのグリル』『豆々スープ』でした。

 

魚の塩レモンムニエルには、園で手作りした自家製塩レモンを使用しました!

塩胡椒で下味をつけた鯛に小麦粉をまぶし、バターを塗ったクッキングシートに並べ、塩レモンを少しずつ乗せてオーブンで焼きました。

レモンの風味が感じられ、暑くなってきたこの時期にぴったりのメニューになりました。

 

ズッキーニのグリルは、彩り良く、ズッキーニ・赤パプリカ・黄パプリカが入りました。

オリーブオイル・塩胡椒・にんにくで和えてオーブンで焼くだけなので、とても簡単にでき、野菜の甘みがとても美味しい1品になりました。

洋風な主菜の付け合わせにぴったりでオススメです!

 

文責:米澤